岡三オンライン証券とSBI証券がご利用可能になりました。

大変ご無沙汰をしております。

オートマチックトレード株式会社・前野です。
約1年ぶりの投稿でございます。

皆様お変わりなくお過ごしでございましょうか。
わたくしも何一つ変わりなく、逆にちょっとくらい成長しておこうよと自戒したくなる程の現状でございます。

 

 

そんな中、弊社は大きな成長・変化を遂げております。
タイトルにもババンと載っけておりますように、

岡三オンライン証券さまSBI証券さまが新たにご利用いただけるようになりました!!(拍手)(盛大)

 

ありがとうございます。ありがとうございます。

いやあ、これまた大手さまです。
自動売買システムの裾野がさらにどんどん広がっていきますね。ハナタカです。

 

本日はアナウンスのみですが、後日詳しいお申し込み方法をブログにてお知らせいたしますので、もう少々だけお待ちくださいませ。

 

確実に前進し続けているオートマチックトレード株式会社を、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

↓久々すぎて画像リンクの貼り方を忘れてしまったため、
https://n225.autore.jp/index.php?module=Regist&action=InitialRegistTerms
↑無料登録はこちらから

こうだったらいいのにな。

こんにちは。オートマチックトレード株式会社・前野です。

損切りのルールに悩みに悩んだ挙句、結局マイナス3万円で設定してしまったわたし。

前回のブログをあげてからも、果たしてこれでよかったのか、いや逃げてしまったのではないかとグルグルしておりました。

あれからもいろんな方のサイトを巡っては正解を探しているのですが、なにせみんながみんな言ってることが千差万別。
ううう、さらに悩ましい。
自動売買は損切りをしない、とおっしゃる方もいるくらいで。

でもわたしは、自分ではなかなかできないからこそ、自動売買に損切りをしてもらいたいんだけどな。
ただそのタイミングがつかめないだけで。
自分の戦略が、どんなクセを持っていて、どんな動きをしやすいかがわかればいいのにな。
たとえばなのですが、自分が現在持っている建て玉の、含み損益の推移を、グラフ化なりして一目でわかりやすく見られないかなぁ。

つまりオートレくんには、現在取得している建て玉の含み損益を見られる画面があるのですが、
現在、6,500円の含み益。
でも今はプラスでも、別の日のタイミングで見たときにはマイナスになってたりすることがままあるのですよね。

毎日こまめに見ることができれば一番いいのでしょうが、その煩雑さを避けるための自動売買なので、そうなっちゃうと本末転倒ですよね。

この推移をどういう形であれ見ることができれば、どのタイミングで利益確定すべきだったか、損切りすべきだったかが一目瞭然となり、次回の取引に生かせるのではないか!と思ったりするのですが・・・どうですかね?
自分の持っている戦略のクセが見えやすくなったりしませんかね?

開発リーダーにちょっと相談してみよ♪

 

それではまた次回☆

損切りの行方。

こんにちは。オートマチックトレード株式会社・前野です。

前回、損切りのルールを考に考えて結論が見当たらず保留にしていたのですが、悩んでいる間に返済売りが発動し、確定されてしまいました。しかも2件。


マイナスに突入です。ショック!!!

損切りのルール・・・多種多様なうえ、人によって目指す場所が違うので一概にこれが正解と言えないのがつらい。
とにかく、わたしのオートレくんに限ってのことですが、
・スイングトレードである
・設定したルールの逆に動いたら損切りたい(ただ、どの程度かわからない)

損切りの何がイヤって、だいたい損切ったあとに再浮上するんですよね。
わたしが約定したの底値ですやん!てなるんですよね。

ただそれを嫌がって避けていたら、今回のようにマイナス9万円なぞになってくるわけで・・・あわわわ。

正解があまりにわからないので、ひとまずマイナス3万円に届いたら損切りするようにしてみよう。そうしてみよう。
前回、自分で「マイナス○○万円で損切りするのはよくない」って言ったばかりなのにね。
だってほんとにわからないんです・・・

 



ひとまずこれで、しばし様子を見てみたいと思います。
それではまた!

新機能追加です!

こんにちは。オートマチックトレード株式会社・前野です。

 

先週、考えに考えて結局結論が見当たらず保留にしていた損切りのルールですが、先に返済売りが発動し、確定されてしまいました。ありゃ。

しかし現在抱えている建て玉もひそかにマイナスですので、いち早くマイルールを見つけ出したいです。ゴールはいずこ。

 

さてさて、本日は新機能実装のご連絡です。
これはまるっとユーザーさまのご依頼にこたえた形になります。
みなさまも「もっとこうならいいのにな」をぜひお伝えください。

 

 

まずはひとつめ。

注文予約ページの、有効・無効が見やすくなりました!
うわ、わかりやすい。

ここに来て気付きましたが、有効無効、ちょっと見難かったですね。
お客様に指摘されて、初めて気付きました。

ちなみに以前がこちら。

全然違う~。

ご指摘、ありがとうございました。

 

 

そしてもうひとつ。
立会時間(取引時間)が終わると自動的に無効に切り替わる機能がつきました!


 

上にチェックをいれると(休日とわず)月曜日から金曜日の、日中場終了の15:25自動で無効に切り替えます。
下にチェックをいれると(休日とわず)火曜日から土曜日の、ナイトセッション終了後の5:40自動で無効に切り替えます。

これは、新規取引を連日行いたくない方を対象にしたものです。
お客様からのメールを一部抜粋させていただきますね。

 

日中セッション終わりとナイトセッション終わりでリセットができれば、いろいろな使い方ができます。
サラリーマンでパソコンにしがみついておれない人、高齢者で健康や事故に不安がある人、出張・旅行・外出が多い人など恩恵を受ける人が多いと思います。
また、ロジックが不出来で、無限ループに落ち込んでしまう場合でも被害を最小限に抑えることができます。

 

ううん、なるほどです。

注文予約の内容によっては、頻繁に新規建てが行われる場合もありますものね。
わたしはどんなときも動かしっぱなしでしたので、思いもよりませんでした。
貴重なご意見、本当にありがとうございました。

 

というわけで、実装しましたこの機能、ぜひ便利にお使いください。
そしてご意見も随時お待ちしております。
小さなことでかまいませんので、お気軽にメールしてくださいね。


オートレトップページの「お問い合わせ」からどうぞ♪

 

 

 

有料戦略をカスタマイズ。

こんにちは。オートマチックトレード株式会社・前野です。

ごくごく個人的な話なんですけど、わたしmddさまのプライスアクションブレイクを紹介してから、やたらとこのトレード方法が気になって気になって仕方がなかったんです。

ローソク足という、このシンプルなものが実は一番よいのではないかと。
結局のところ、値動きをつくりだしているのは数多くの投資家さんなので、みんなが必ずといっていいほど参考にするであろうローソク足のチャートを基本にすべきなのではないかと思ったのです。

もちろん、あくまでもわたし個人の主観です。
テクニカル分析も一生懸命勉強したので、できれば並行して使いたいところですが、そうなるとオートレくんが動きにくなる上に「シンプルイズベスト」なこの戦略が台無しになってしまうかなぁと思って。
5日平均線を軸にして、ブレイクしたところでエントリー・エグジットをするというただシンプルなものが気に入ったので、もったいないなあと感じたのです。

ただこのプライスアクションブレイク、だましがとても多いらしくて。
現実、mddさまの戦略を実際にシミュレートしてみたところ、残念ながら検証を始めて以来ずっと負けてしまっています。
ここで、だましにひっかからない条件を自分で考えて、追加で設定することはもちろん素晴らしいのですが、発想力が貧困なうえ素人のわたしにはとても難易度の高い所業でして。

というわけで、発想の転換をしてみました。
「だましのほうが多いなら、エントリーとエグジットを逆にすればいいんじゃないか」
あえてだまされるほうに乗っかることにしました。

逆張りになるんですかね。
リアルなトレードだとこわくてとても試せませんが、有料戦略をカスタマイズするのが今回の目的であり、また追加で条件をひねりだすよりはずっと簡単だったので試してみました。
mddさまの戦略がこちら

これを


こうしてみた。

 

戦略の内容はいっさいいじっていません。
ただ、売りと買いのタイミングをすべて逆に設定しただけです。
これが3月の頭だったかな。

すると、1件の売買が約定していました。
じゃん。


わーい。

 

 

自画自賛ですが、有料戦略ショップの正しい使い方ができたのではないかと。
たまたまかもしれませんが、「だましが多い」をうまく使えたように思います。
前にも申し上げましたが、戦略ショップで販売されているものはあくまでも叩き台です。
でもわたしのように、ゼロからどのように設定すればよいかわからない人間にとっては、この上ない道しるべです。
ある程度の道筋さえ作ってもらえれば、あとはなんとか試行錯誤しながらも進めるのです。
行くべき道がわからないと彷徨われている方は、ぜひ一度ためしていただきたいです。

 

それではまた☆