全ポジ決済機能で利益確定大成功

明けましておめでとうございます。
トレトレ開発チームの松村です。
今年もよろしくお願い致します。

前回のトレイリングストップの顛末ですが、実は

1月2日動き出し直後 -1500で全ポジ決済されてしまいました。

1日が休みだったわけですが2日急激な円安でマーケットは始まりました。これに耐えられなかったんですね。年末に8,000の利益が出ていたのでプラスで終わりたかったのに残念でした。

しかし急激な円安は想定外なので一度全ポジ決済してやり直すと考えれば成功です。

さて2日からまた新たな検証を始めました。しかし-2万円で全ポジ決済。仕掛け幅が小さすぎてポジションがたくさん建ってしまい、1円の値動きでも含み損が2万円を超えていきます。

仕掛け幅を15pips、利確を20pipsにし、全ポジ決済の値を-3と3で検証開始。2日の15時にスタートした検証は50pipsの幅でゆらゆらと揺れてくれたので順調に利益を重ね4日の8時には含み損を加味した実質利益が23000になっていました。

ここで再度トレイリングストップをやってみました。

全ポジ決済を上に1万づつスライドし-2と4にしてみました。4日の16時くらいまではあまり値動きもなかったですが、それでも4回利益確定をして実質利益は3万円台に。設定をスライドしたことは大成功だと思いました。

ところが17時ころから急激な円安に。オイオイ、新しい玉が建って含み損が増えとるじゃないか。あんまり勢い良くいくとヤバイなぁ。って思っていました。それでも揺れるしとっとっとと利益確定されています。もう少し、もう少しだ。となんだか応援しているような気持ちになりました。深夜まで全ポジ決済にならなかったので朝起きた時がどうなってるかだなぁと思い就寝。

利益確定で全ポジ決済されていました。

よかった。利益確定の全ポジ決済も何回目かの確認だし。最終7ポジ持っていたので一回決済してもいい状態だったし。仕掛け幅を小さくしても全ポジ決済の設定を小さくすることで不安になるようなポジションの数にならなことも検証できました。

今年はこの機能を最大に利用して検証を続けていきますよ。

 

セーフティネット、ちゃんと機能してるぞ

トレトレ開発チームの松村です。

先週金曜日から始めたセーフティネットの検証、バッチリ機能しています。

利確2万円、損切り-2万円で始めた設定が、現在実質利益8000円まできましたので、損切りの方だけ価格を変えて0にしました。これで今回は損することはなくなるはずです。

そうです。トレイリングストップができるんです。

トレイリングストップとは利益がでてきたら損切りの値を切り上げていく方法です。
例えば最初の設定を利益10万円損切り5万円とかにしておくとしますよね。スタート直後は仕掛けが多くなるので実質利益はマイナスですが価格が思惑通りレンジで動いてくれたら程なく実質利益がプラスになってきます。そのときに損切り5万円の値を-2とかに切り上げたり、もっと利益が出て3万円になっていたら、損きり0にしたり、さらにもっと利益が出て8万円になっていたら損切り5万円(すでに損ではないけど)、利益を13万円とかに伸ばすこともできるんです。

すなわち、レンジ相場が続きそうなら全ポジ決済機能の設定値を有利な方に動かしてどんどん利益を積み上げていく。こんなことができるんです。

もちろん相場を予想するのは難しいのでレンジが続くかどうかわからないという人は最初にご自身で設定したままでも構いません。

この機能がご利用者の方々に便利に働いてくれることを期待しています。

さて検証始めが金曜日だったので月曜日が待ち遠しくてたまりませんでした。しか~し、動かしてみたら価格が上下しない。お~~クリスマスかぁなんてこった。翌25日も価格が動かない。
これでは検証にならないではないか。もっとも仕掛け幅を小さくして待つしかないか。

って待っていたら26日夕方から動いてくれました。ははは、でも一方通行で上がりっぱなし。だめだよトレトレFXはそんな相場に弱いんだから。きっちり-2万円で全ポジ決済機能が働いてしまいました。

オッケー。ちゃんと機能してるぞ。悲しいけどそのことは確認できました。再度検証チャレンジ。12時間後にまたもや-2万円で全ポジ決済。くっそー。オッケー。って脳天気なこと言ってられなくなってきた。

ちょっと設定を変えてやり直し。ようやく実質損益がプラスになってくれました。設定を変えたこともだけど28日は価格が上下してますもんね。

短期で利益を狙うとこんな目に会うこともあります。たぶん検証チーム前野が1月から全ポジ決済機能付きの検証結果を報告してくれると思いますが、仕掛け幅は狭くても30から40は有ったほうがいいのかなぁって思っています。

では、今年はこれまで。来年もよろしくお願い致します。

これは行けるかも。全ポジ決済機能の検証初日

トレトレ開発チームの松村です。

トレトレのセーフティネット機能第一弾、全ポジ決済機能ができたので、リアルタイムで検証を始めました。

この機能はトレトレをスタートしてからの実現益と含み損をすべて計算してお客様の決めた数字になったら、全てのポジションを返済して一度取引の結果をを確定してしまうという機能です。

例えば利益が5万円になったら実行すると指定しておくと、5万円で利益が確定できるわけです。逆に-3万円になったら実行すると指定しておくと、損も3万円に限定できるわけです。
今回の機能はその両方を設定できるようにしておきました。

これの検証を始めたところ初日はすごくいい結果がでました。

早く結果を見たいので益が1万円、損が1万円になったら実行するような設定で検証しました。
そして仕掛けの値幅ももっとも小さくして利確も小さくしました。

その結果、なんと6時間半後に1万円の益を確定したのです。

検証を始めたのが金曜日ということが恨めしかったです。もっともっと検証したいのに。

単純に6時間半で1万円がどんどん確定するとしたら、すごいことですよ。そうなるんでしょうか?もっともっと検証を重ねて報告したいと思います。

さて、この機能をシステムに加えた経緯ですが、このブログで報告していますとおり、初代トレトレには大きな弱点がありました。
それは想定しているレンジ相場ではめっぽう強く、自動的にチャリンチャリンしてくれるシステムも、想定を外れていくようなトレンドが発生するととたんに弱くなります。せっかく稼いでいた実現益を上回るような含み損が増えていくのです。

しかしながら、証拠金が持つのならば放おっておけば、またチャリンチャリンしてくれるのでその含み損も解消されていくのですが、利用者全員が十分すぎる証拠金を持っているわけではありません。

トレトレ提供会社としては、リーマンショック級の値動きが来る前になんとかセーフティネットを架けなければならないと思い、いろいろな方法をアイデア出ししては検証しておりました。しかし決め手となる方法が見つからず11月を迎えていました。

結果11月の値動きでせっかく稼いだものをどんどん吐き出していく現象がみられました。
これはマズイ。自動売買初心者にも自動売買に親しんでいただくための簡単システムとはいえ、お客様の資産に含み損が増えていくのはマズイ。証拠金が不足したらそのままロスカットされてしまう。本当にマズイ。

ということで今まで以上にたくさんのアイデアを出し、バックテストで優位性の認められたこの方法を実装いたしました。

今は皆様に操作していただく設定画面を急ぎ整えているところです。

期待していただいていいと思います。