一括で有効・無効の切り替え・取り消し・あと優先順位の入れ替え

この機能を一言で言うと、注文予約が管理しやすくなっています。
注文予約を試行錯誤していると、知らず知らずのうちに予約がどんどん増えていってしまいます。
それらをひとつひとつ有効・無効に切り替えたり、↑↓を使って順番を変えたりという作業は、正直煩雑です。それが一瞬でできます。

 

まずは注文予約一覧をご覧ください。

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf1
変わった点に気がつかれましたでしょうか?

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf2
ココと、ココ。
ここのチェックボックスにチェックを入れると

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf3
 
%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf4
全部チェックできました。
もちろん、個別でもチェックできます。

あとはチェックした注文予約を有効無効に切り替えたり、取り消したりすればOKです。

そしてもうひとつは優先順位。
今までは、右端の↓↑で地道にコツコツと昇降させていたわけですが、これも数字の入力で順位を直接変更できます。
注文予約をセットやグループでまとめておくのに、一役買ってくれると思います。

若干クセはありますのでなれて頂く必要があります。
 

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf6
 

まずはこの一覧で、6番の「損切り」を1番にに持ってこようと思います。

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf7
入力は、1じゃなくゼロなんです。

そして一番下までスクロールして、

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf8
更新ボタンをプッシュすると

 

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf9
はい、きました。

同様に、現在6番の「利益確定」を、4番目にしたいなと思ったら、
%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf10
3番目と現在の4番目の間、すなわち3.5と入力していただいて、更新ボタンを押すと

 

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%88%87%e6%9b%bf11
はい、きました。

 

若干クセはありますが、うまく使いこなして、快適なオートレくんライフを送りください。

 

  1. 一括で有効・無効の切り替え・取り消し・あと優先順位の入れ替え
  2.  
  3. 注文予約の一括変更、修正方法
  4.  
  5. エクスポート・インポート機能のおさらいと、暗号化機能
目的別のまとめはこちら
 
 
さっそくためしてみたい方はこちら☆

 

オートレブログ・今までの記事まとめ

オートマチックトレード株式会社がご提供する、オートレ225のサービスについて
目的別にまとめております。ぜひご参考にご覧ください。

入門編

  1. それでは登録してみましょう
    初めての方はまずはここからどうぞ。
  2.  
  3. 次に動かしてみましょう
    新規買い・返済売りについておもに説明しています。
  4.  
  5. 新規売りにも挑戦しましょう
    新規売り・返済買いについて説明しています。
 

基本編

  1. ゴールデンクロス・デッドクロスで売買してみましょう
    移動平均での、一番シンプルなGC・DCの説明をしています。
  2.  
  3. 損切りと利益確定、あとデイトレード
    基本部分のまとめです。

テクニカル編

  1. MACD
    MACDを設定してみましょう
  2.  
  3. DMI
    DMIを設定してみましょう
  4.  
  5. ストキャスティクス
    ストキャスティクスを設定してみましょう
  6.  
  7. オートレ戦略ショップ
    戦略ショップを見てみよう
    上記テクニカルや、トレイリングストップなどの設定を売買しています。
    インポート機能を使ってとりこめば、ストレスフリーで注文予約の設定ができます。

テクニック編

  1. 一括で有効・無効の切り替え・取り消し・あと優先順位の入れ替え
    優先順位の入れ替え方法のクセがかなり強いので(でも便利)ぜひご一読ください。
  2.  
  3. 注文予約の一括変更、修正方法
    知っておいた方が運用がさらにラクになります。
  4.  
  5. エクスポート・インポート機能のおさらいと、暗号化機能
    上記でも説明していますが、エクスポート・インポート機能の使い方を改めて説明しています。
    後半の暗号化機能は特殊な利用方法なので、参考に。
 

有料登録編

  1. いよいよ有料登録です
     有料登録についての流れを説明しています。
    ※ペイパル以外に、クレジットカードも対応可能です。
    記事はこちら→クレジットカードだけで登録できるようになりました
  2.  
  3. 証券口座を登録しましょう
    有料登録したのち、実売買が可能になるまでを説明しています。
  4.  
  5. SBI証券を登録してみよう
    ※対応証券は、カブドットコム証券、GMOクリック証券、岡三オンライン証券
    、SBI証券ですがここではSBI証券をご案内しています。

機能について

  1. 売買結果をエクセルにダウンロードできます
  2.  
  3. ・グラフ表示ができます
    ブラス自動更新機能とシミュレーション建て玉の一括削除もできます。
 

損切りと利益確定+デイトレード

今回はシンプルに損切りと利益確定について説明したいと思います。

ゴールデンクロス・デッドクロスを中心に記事を書いていたため、「100円動いたら決済する」というようなシンプルな設定をしっかりと説明できておりませんでした。

資産を安全に運用するためには、ゴールデンクロス・デッドクロスと併用して、利益確定・損切りを設定しておくべきです。

せっかく利益が出ているのにゴールデンクロスやデッドクロスがなかなかうまく発生せず、決済どころを見逃してしまうことがあれば、とてももったいない話です。

というわけで、今回は復習も兼ねて損切りと利益確定の設定をご説明いたします。

まずは、買いの建て玉を持っていた場合。
→返済売りで、利益確定(もしくは損切り)の設定をします

【利益確定】
%e5%88%a9%e7%9b%8a%e7%a2%ba%e5%ae%9a

  1. 名前は自分がわかりやすいように。戦略名でもいいですね。
  2. まずはシミュレーションではじめてみましょう。
  3. 返済売りです。
  4. 「現在値」が「建値」よりも○○円上がったら、つまりプラス○○円以上になれば自動売買してくれる設定です。
    設定方法ですが、「▼」を押せば、項目が表示されますのでそこから選択します。
    • 選択した銘柄→当日価格関連→現在値
    • 建て後価格関連→建値
  5. 「成行」にマルをします。
これで、現在値が100円あがったら利益確定してくれる設定のできあがりです。

損切り

%e6%90%8d%e5%88%87%e3%82%8a1
利益確定とほぼ同じです。異なるのはただひとつ。

4.現在値が建値よりマイナス○○円以下になれば決済する。

このプラスマイナス、以上以下に関しては、何度となく記載していますがくれぐれもあべこべにならないよう、お気をつけください。

・売りの建て玉を持っていた場合をさっくりと。
→3.は返済買いに、そして4.が逆になります。
&nsb;
  1. 戦略名
  2. シミュレーション
  3. 返済買い
  4. 【利益確定】「現在値」が「建値」よりもマイナス○○円以下の場合
     【損切り】「現在値」が「建値」よりもプラス○○円以上の場合
  5. 成行
利益確定と損切り、お手持ちの設定にぜひ追加してください。

デイトレード

手持ちの玉を、後場終わりにすべて決済したい場合。
詳細な設定にて、時刻を15:10~15:15と入力します。こんな感じ。

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%891
  1. 「詳細な設定を見る」にチェックをつけると、時刻条件が表示されます。
  2. 大引けの時刻を入力します。
  3. 返済買い・もしくは返済売りにチェックをいれます。
  4. 成行にチェックをいれます。
時刻がくればただ成行で手持ちの玉を決済してくれる、という設定です。

今回はシンプルな3設定について説明しました。
とはいえ、利益確定と損切りはとても大切な設定です。ぜひご活用ください。
 
ゴールデンクロス・デッドクロスで売買してみましょう

 
テクニカル編
  1. MACD
    MACDを設定してみましょう
  2. DMI
    DMIを設定してみましょう
  3. ストキャスティクス
    ストキャスティクスを設定してみましょう
  4.  
  5. オートレ戦略ショップ
    戦略ショップを見てみよう
     
     
    目的別のまとめはこちら
     
    さっそくためしてみたい方はこちら☆

オートレ戦略ショップを見てみよう

オートレ225の戦略設定をまるっとそのまま購入できるオートレ戦略ショップがあります。基本設定はほぼ無料です。

プルダウンして選択し、プラス、マイナス、以上、以下入力が一切いらないわけです。考えなくても、カートにほうりこめば完成。
ここでは説明しきれなかったトレーリングストップやチャネルブレークアウトもあります。
ショッピングして、インポートするだけ。

それではひとつ、トレーリングストップを購入してみましょう。

まずはじめに会員登録をしましょう。
これはトレードサイトとは別のものになりますので、ご注意ください。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%970
規約に同意して、登録画面に進んでください。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%974
おっと。入力事項が結構ありますが頑張って入力しましょう。
さて、無事に登録が済んだらいよいよお買い物です。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%971
戦略を選択して、カゴにいれます。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%972
それでは購入手続きに進みます。

%e6%88%a6%e7%95%a55
支払いはないので次へ。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%976
以上で「ご注文完了ページへ」をクリックいたしましょう。
登録メールアドレス宛に注文確定メールは届きましたか?これで購入完了です。
次にこちらを使えるように、インポートしていきましょう。

ダウンロードはマイページから行えます。
マイページに入るとすぐに、購入履歴が見られます。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%977
詳細をクリックし、中を開くとダウンロードできます。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%978
クリックするとファイルが開きますので、解凍してフォルダに保存しておいてください。
そこからは、以前にやったインポートの復習です。
オートレのトレードサイトから、

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%979
ここを選択して、インポートしましょう。
インポート、エクスポート機能の詳細は、注文予約の一括変更・修正方法にて具体的に説明をしております。
インポート機能は後半部分にあります。よければ確認してみてくださいね。
%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9710
保存したフォルダからトレーリングストップを選び、「注文予約ファイルを確認」ボタンを押すと

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9711
きちんと入ってました。これをインポートすれば設定は完了です。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9712 トレーリングストップの戦略が追加されました。
登録された時点では無効になっているので、実際使われるときには設定を有効に切り替えてくださいね。
%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9713 中身もばっちり入力されています。

オートレくんの設定で多かれ少なかれ四苦八苦した経験のある方は、このお手軽さに衝撃を受けるはずです。オートレくんの基本さえ理解できていれば、使えることでしょう。
これでいっそう自動売買が身近になると思います。

 

 

↓あなたもぜひこの衝撃を味わってみるべし
さっそくためしてみたい方はこちら☆
 

 

ストキャスティクスを設定してみましょう。

今回はストキャスティクスを設定してみましょう。

ストキャスティクスとは、過去の一定期間における最高値と最安値のレンジの中で、現在の株価がどのあたりの位置にあるかを示すものです。
これにより、株式の「買われすぎ」「売られすぎ」が判断できます。

それでは早速設定していきましょう。
こちらで使うのは、「%D」と「Slow%D」の2本です。今までのように、ゴールデンクロスとデッドクロスで売り買いを行います。

 

ストキャスティクスのゴールデンクロスでの、新規買いと返済売り

STC新規買い
  1. 注文予約名をつけましょう
  2. 「詳細な設定を見る」にチェック
  3. 朝一番の時間帯に設定しましょう
  4. 「新規買い」です
  5. %DとSlow%Dのゴールデンクロスを設定しましょう
Slow%Dの波を%Dが下から上に突き抜けたら買いのシグナルです。
くれぐれも、以上と以下に気をつけてください。

 

続いて返済売りの設定を行います。
STC返済売り
  1. 注文予約名をつけましょう
  2. 「詳細な設定を見る」にチェック
  3. 朝一番の時間帯に設定しましょう
  4. 「新規買い」です
  5. %DとSlow%Dのデッドクロスを設定しましょう
Slow%Dの波を%Dが上から下に突き抜けたら売りのシグナルです。
ほんと自分でもしつこくて嫌になりますが、くれぐれも、以上と以下が!ひっくり返らないようにご注意ください。

 

 

 

ストキャスティクスのデッドクロスでの新規売りと返済買い

こちらも複製します。
注文予約一覧から、さきほど作成した「STC返済売り」を複製いたします。

STC複製 そして、注文予約名と取引種類を変更すればOKです。

STC新規売り
最後に登録するのをお忘れなく!

 

同様に新規買いの設定も複製して、返済買いに修正しましょう。
STC返済買い
 
  1. MACDを設定してみましょう
  2.  
  3. DMIを設定してみましょう
  4.  
  5. ストキャスティクス
  6.  
  7. 戦略ショップを見てみよう
目的別のまとめはこちら
 
 
さっそくためしてみたい方はこちら☆