DMIを設定してみましょう。

DMI。日本語では「方向性指数」、方向を指し示すものです。
トレンドの有無や強弱を測れるため、順張り派にむいた指標なのだそうです。

これを設定するにあたって、必要なものは2つ。
+DI・・・上昇力
-DI・・・下降力

あとはいつものとおりです。
これらがゴールデンクロスを形成すれば買いのシグナル、デッドクロスならば売りのシグナルです。
それでは設定していきましょう。

DMIのゴールデンクロスでの新規買いと、返済売り

注文予約のページを開き、入力していきます。
  1. 右上の「詳細な設定を見る」のボックスにチェックをいれてください。
    DMI
  2.  
  3. 日足ですので、朝一番の時間帯を入力します。
  4.  
  5. 取引種類は、新規買いです。
  6.  
  7. 前回、前々回のゴールデンクロスと基本は同じです。
今回は+DIと-DIの2本の線を使います。
条件1:「選択した銘柄」を選び、
(日足DMI)をプルダウンして2日前の+DI 
  (日足DMI)→2日前の-DI 
+ 0(指標の単位)以下 
である

続いて条件の下にある追加ボタンを押して、条件の追加をします。
 条件2:「選択した銘柄」を選び
(日足DMI)→前日の+DI が
(日足MACD)→前日の-DI の
  +0(指標の単位)以上 である

MACDと同様、DMIも指標なので「円」ではなく(指標の単位)を使います。
繰り返しになりますが、難しそうに見えて本当に難しくありませんのでご安心下さい。

 

次に返済売りの登録をしましょう。
こちらも例外はありません。売りのタイミングは、デッドクロスです。

DMI返済売り
  1. 「詳細な設定を見る」のボックスにチェックをいれ、時刻条件を朝一番に変更します。
  2.  
  3. 「返済売り」です。
  4.  
  5. 2日前には、+DIは-DIよりも上
  6.  
  7. 前日には、+DIはーDIよりも下
何度もで恐縮ですが、くれぐれも「以下」と「以上」にはお気をつけください。

 

 

デッドクロスでの新規売りと、返済買い

DMI新規買い
先ほど作成した「返済売り」と内容は同じです。
異なるのは、取引種類のみ。
ただ、ここを間違えると死活問題なので、くれぐれも複製のあとはお気をつけください。

続いて、返済買い。
こちらも新規買いの複製をしましょう。

DMI返済買い
返済買いへの変更は忘れずに行いましょう☆

 
  1. MACDを設定してみましょう
  2.  
  3. DMIを設定してみましょう
  4.  
  5. ストキャスティクスを設定してみましょう
  6.  
  7. 戦略ショップを見てみよう
目的別のまとめはこちら

 
さっそくためしてみたい方はこちら☆

 

MACDを設定してみましょう。

さて今回はMACDにチャレンジしてみましょう。

MACDは移動平均収束拡散法といいますが、細かい内容は割愛して難しいことは考えず、MACDとシグナルの2本の線がクロスするタイミングを自動売買でシンプルに狙っていきましょう。
そのタイミングとはもちろん、ゴールデンクロスとデッドクロスです。

MACDのゴールデンクロスでの新規買いと、返済売り

注文予約のページを開き、入力していきます。
  1. 右上の「詳細な設定を見る」のボックスにチェックをいれてください。
    MACD新規買い
  2. 日足ですので、朝一番の時間帯を入力します。
  3. 取引種類は、新規買いです。
  4. 前回の移動平均線のゴールデンクロスと基本は同じです。
    今回はMACDとシグナルの2本の線を使います。
    条件1:「選択した銘柄」を選び、
    (日足MACD)をプルダウンして2日前のMACD 
    (日足MACD)→2日前のシグナル 
    + 0(指標の単位)以下 
    である
  5. 条件の下にある追加ボタンを押して、条件の追加をします。
     条件2:「選択した銘柄」を選び
    (日足MACD)→前日のMACD が
    (日足MACD)→前日のシグナル の
     +0(指標の単位)以上 である
MACDは移動平均線とは違い指標なので、円ではなく(指標の単位)を使います。一見ややこしいようですが、プルダウンできる選択肢はこれか「%」しか出てきません。
実際やってみると驚くほど簡単なので、ぜひやってみてください。

MACDのラインが2日前にはシグナルよりも下にあったのに、翌日にはシグナルよりも上にある、つまり下から上にクロスして突き抜けたあとの状態であるということです。

返済売りの登録

売るタイミングは、移動平均と同様デッドクロスです。
  1. 注文予約設定のページを開きます。
    MACD返済売り
  2.  
  3. 「詳細な設定を見る」のボックスにチェックをいれ、時刻条件を朝一番に変更します。
  4.  
  5. 「返済売り」です。
  6.  
  7. 2日前には、MACDはシグナルよりも
  8.  
  9. 前日には、MACDはシグナルよりも
何度も何度もで恐縮ですが、くれぐれも「以下」と「以上」にはお気をつけください。

デッドクロスでの新規売りと、返済買い

先ほどの返済売りとまったく同じです。
なので複製して、少しでも楽をしましょう。

「注文予約一覧」をクリックし、「MACD返済売り」を複製したら、
MACD新規売り複製
あとは、タイトルと取引種類を「新規売り」に変更するだけ。

MACD新規売り
簡単すぎて忘れそうですが、最後に必ず確認して登録してください。

同様に、ゴールデンクロスでの返済買い設定は、
MACD返済買い複製
複製して、

MACD返済買い
「返済買い」に変更し、登録すれば完了。

あとは条件に合致して、動いてくれるのを待つだけです。
 
 
 
  1. MACDを設定してみましょう
  2.  
  3. DMIを設定してみましょう
  4.  
  5. ストキャスティクスを設定してみましょう
  6.  
  7. 戦略ショップを見てみよう
目的別のまとめはこちら
 
 
さっそくためしてみたい方はこちら☆

ゴールデンクロス・デッドクロスで売買してみましょう。

今回は移動平均線でのゴールデンクロス・デッドクロスを使って、その発生のタイミングで売買します。

念のため解説すると、ゴールデンクロスは株価が下落した後に、短期の移動平均線が、長期の移動平均線下から上に突き抜ける現象のことをいいます。
逆にデッドクロスは株価が上昇した後に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に突き抜ける現象をいいます。

ゴールデンクロスは買いのシグナル。デッドクロスは売りのシグナルです。
それでは順に設定していきましょう。

ゴールデンクロスの新規買いと返済売り


日足ですので、時刻の条件を朝一番に設定します。
「詳細な設定を見る」のボックスを開いて時刻を訂正しておいてください。

さて、一番大切な条件の部分ですが、

条件1
「選択した銘柄」を選び、
(日足移動平均)をプルダウンして2日前の5日移動平均 
(日足移動平均)→2日前の25日移動平均 
+ 0.01円以下 
である

条件2
・条件の下にある追加ボタンを押すと、条件の追加ができます。
「選択した銘柄」を選び
(日足移動平均)→前日の5日移動平均 が
(日足移動平均)→前日の25日移動平均 の
+0.01円以上 である
を選択します。

あとは成行を選んで登録するのみです。

要するに、2日前には長期線の下に位置していた短期線が、前日には長期線の上にいます、ということです。

今回のメインは、なんといっても「オートレでゴールデンクロス・デッドクロスをどのように条件記載するのか」というものです。
以上と以下の部分さえマスターすれば、あとはもう75日線でも200日線でも、お好きな平均線をお使いください。

それでは次に、ゴールデンクロスで買った玉の決済をします。
決済条件はデッドクロスが発生したとき、です。


日足ですので、時刻はまた朝一番です。
取引の種類は「返済売り」

条件設定は、ゴールデンクロスの逆になります。
2日前には短期線が長期線よりも上にあったのが、前日には下になっている、というものです。

以上以下にはくれぐれもご注意ください。

デッドクロスでの新規売りと返済買い

今度はデッドクロスです。
先ほどの返済売りと条件はまったく一緒です。違うのはこれが新規売りだということだけです。


2日前には短期線が長期線よりも上にあり、前日には長期線よりも下にある、という条件です。

続いて、ゴールデンクロスが発生したときに返済買いをする設定をします。
一から入力しても全然かまわないのですが、複製することもできるので今回はそちらに挑戦してみましょう。

注文一覧のページを開きます。
コピーしたい注文予約の「複製」をクリックします。

注文予約複製
新規で注文予約の画面が開きますので、そこで必要な修正を加えます。
今回の変更点は、新規買い返済買いに修正するだけです。
終われば登録しましょう。


今回はゴールデンクロスとデッドクロスでした。

損切りと利益確定、あとデイトレード

目的別のまとめはこちら

オートレ無料登録画像