レポートダウンロード機能が追加されました。

レポートのダウンロード機能が追加され今まではWeb上でしか見ることができなかった売買結果が、簡単にエクセルに落とすことができ検証がラクになります。

%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%891
ダウンロードをクリックするだけで完了です。

ws000004
Excelのオートフィルタ機能を使うとさらに検索しやすくなります。

Web上だと検索できる項目が限られてるので、戦略の検証にはちょっと難しいところがありました。
でもこれだと注文予約名の入力も、Webではできなかった検索の方法も可能になり、検索時にかかる微妙なストレスがかなり軽減されるのではと思います。

エクスポート・インポートのおさらいと、暗号化機能

今回はインポート・エクスポート機能をおさらいします。
これは以前、設定の一部をまとめて変更や修正する際に使いました。
注文予約の一括変更・修正方法

また少し前にも、戦略ショップで戦略を購入した際に、自分のオートレにインポートさせて使いますというお話もいたしました。
オートレ戦略ショップオープンしました!

ただ、たいへん大切な機能にも関わらずこちら独立で説明していなかったため、ここであらためてひとつの記事としてご説明いたします。

まずはこのページを使います。
%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%979
ここで、自分のパソコンへの出入力が行えます。

【エクスポート機能】
・戦略設定を一括で変更したい
・今はもう使わなくなった設定を、パソコンに保存しておきたい

そんなときにはエクスポート機能を使ってください。

入出力2

  1. まずはエクスポート対象の設定にチェックマークをいれます。
    一番上にチェックをいれると、すべての設定が対象になります。
  2. エクスポートボタンを押します。
すると、次の画面が開きます。
入出力3
自分でわかりやすい名前を登録し、エクスポートを実行します。
その後出力されたデータを確認しましょう。

修正を加えずただ保存する場合は、それだけでOKです。
ドキュメントのダウンロードファイルに保存されます。

もしも変更修正する場合は、テキストエディタを使ってください。
ここではGoogleのDriveNotepadを使っていますが、もちろんどのテキストエディタでもOKです。

さて、開くとこのようになります。
入出力4
データを変更しない場合は、このまま保存してください。
もしも修正を加える場合は、この画面で修正してください。その場合、置換機能が大変便利です。
前回やった修正ならば
「8:59」→「8:54」
「9:04」→「8:59」
に置き換えました。

ここで注意していただきたいのが、修正ののち再びインポートする場合です。
これはオートレではなく、テキストエディタの利用に関する注意なのですが、パソコン内のテキストエディタをご利用の場合は、このままデータ保存しオートレにインポートすればよいのですが、今回のようにオンラインエディタを使っている場合は、忘れずにダウンロードを行ってください。

【インポート機能】
・オートレ戦略ショップで購入した戦略を使う
・修正したデータをオートレくんに移動する
・以前利用していたデータを、オートレくんで再度利用する

インポート機能の出番です。
それではオートレにインポートしましょう。
入出力5
ファイルを選択します。
ダウンロードファイルの中から、対象のものを選んでください。
(戦略ショップで購入したデータも、忘れずダウンロードしてくださいね)
確認ボタンを押すと、内容が開きます。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9711
選択した注文予約の内容を確認できたら、インポートボタンを押します。
これで完了です。

このインポート機能で注意していただきたいのが、設定は書き保存ではなく、追加で保存されるということです。
修正前と修正後のデータがともに存在しているので、いらないものはご自分の手で削除してください。

さて、次にタイトルにあります「暗号化」についてです。
この機能は、設定をどなたかと共有する際、

戦略は使わせたいけど内容は知られたくないという場合にお使いください。

「なぜ何のためにそんなな設定が必要に?」と思われるかもしれませんが、第三者に販売することを考えると、必要な設定です。

戦略を自分ひとりで使うにはまったく利用しない機能ですが、第三者を介するときに、このような機能もあるよと記憶の片隅に置いておいてください。

やりかたはとても簡単です。

入出力1
この画面から

%e6%9a%97%e5%8f%b7%e5%8c%961
暗号化したい設定を選び、エクスポートボタンを押します。

%e6%9a%97%e5%8f%b7%e5%8c%962
「暗号化する」にチェックをいれておくだけです。
もしも利用者を限定して使わせたいときには、利用者のメールアドレス(オートレに登録済のもの)を下の欄に登録すれば、その方が使えるようになります。

「エクスポートを実行」ボタンを押せば、それで完了です。
内容の変更・修正等はいっさい行わないので、テキストエディタも不要です。
ドキュメントのダウンロードファイルに保存されているので、内容を確認してみましょう。

ちなみに暗号化前の設定はこちら。
%e6%9a%97%e5%8f%b7%e5%8c%963
エクスポートし、暗号化されたものがこちら。

%e6%9a%97%e5%8f%b7%e5%8c%964
とてもミステリアスになっています。
変更できるのは「有効・無効」、「シミュレーション・実売買」の切り替えと、銘柄名、数量のみです。
素晴らしい戦略が見つかった場合に、ぜひご利用ください。
 
 
 
 
    1. 一括で有効・無効の切り替え・取り消し・あと優先順位の入れ替え
    2. 注文予約の一括変更、修正方法
    3. エクスポート・インポート機能のおさらいと、暗号化機能
    目的別のまとめはこちら

    さっそくためしてみたい方はこちら☆

損切りと利益確定+デイトレード

今回はシンプルに損切りと利益確定について説明したいと思います。

ゴールデンクロス・デッドクロスを中心に記事を書いていたため、「100円動いたら決済する」というようなシンプルな設定をしっかりと説明できておりませんでした。

資産を安全に運用するためには、ゴールデンクロス・デッドクロスと併用して、利益確定・損切りを設定しておくべきです。

せっかく利益が出ているのにゴールデンクロスやデッドクロスがなかなかうまく発生せず、決済どころを見逃してしまうことがあれば、とてももったいない話です。

というわけで、今回は復習も兼ねて損切りと利益確定の設定をご説明いたします。

まずは、買いの建て玉を持っていた場合。
→返済売りで、利益確定(もしくは損切り)の設定をします

【利益確定】
%e5%88%a9%e7%9b%8a%e7%a2%ba%e5%ae%9a

  1. 名前は自分がわかりやすいように。戦略名でもいいですね。
  2. まずはシミュレーションではじめてみましょう。
  3. 返済売りです。
  4. 「現在値」が「建値」よりも○○円上がったら、つまりプラス○○円以上になれば自動売買してくれる設定です。
    設定方法ですが、「▼」を押せば、項目が表示されますのでそこから選択します。
    • 選択した銘柄→当日価格関連→現在値
    • 建て後価格関連→建値
  5. 「成行」にマルをします。
これで、現在値が100円あがったら利益確定してくれる設定のできあがりです。

損切り

%e6%90%8d%e5%88%87%e3%82%8a1
利益確定とほぼ同じです。異なるのはただひとつ。

4.現在値が建値よりマイナス○○円以下になれば決済する。

このプラスマイナス、以上以下に関しては、何度となく記載していますがくれぐれもあべこべにならないよう、お気をつけください。

・売りの建て玉を持っていた場合をさっくりと。
→3.は返済買いに、そして4.が逆になります。
&nsb;
  1. 戦略名
  2. シミュレーション
  3. 返済買い
  4. 【利益確定】「現在値」が「建値」よりもマイナス○○円以下の場合
     【損切り】「現在値」が「建値」よりもプラス○○円以上の場合
  5. 成行
利益確定と損切り、お手持ちの設定にぜひ追加してください。

デイトレード

手持ちの玉を、後場終わりにすべて決済したい場合。
詳細な設定にて、時刻を15:10~15:15と入力します。こんな感じ。

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%891
  1. 「詳細な設定を見る」にチェックをつけると、時刻条件が表示されます。
  2. 大引けの時刻を入力します。
  3. 返済買い・もしくは返済売りにチェックをいれます。
  4. 成行にチェックをいれます。
時刻がくればただ成行で手持ちの玉を決済してくれる、という設定です。

今回はシンプルな3設定について説明しました。
とはいえ、利益確定と損切りはとても大切な設定です。ぜひご活用ください。
 
ゴールデンクロス・デッドクロスで売買してみましょう

 
テクニカル編
  1. MACD
    MACDを設定してみましょう
  2. DMI
    DMIを設定してみましょう
  3. ストキャスティクス
    ストキャスティクスを設定してみましょう
  4.  
  5. オートレ戦略ショップ
    戦略ショップを見てみよう
     
     
    目的別のまとめはこちら
     
    さっそくためしてみたい方はこちら☆

オートレ戦略ショップを見てみよう

オートレ225の戦略設定をまるっとそのまま購入できるオートレ戦略ショップがあります。基本設定はほぼ無料です。

プルダウンして選択し、プラス、マイナス、以上、以下入力が一切いらないわけです。考えなくても、カートにほうりこめば完成。
ここでは説明しきれなかったトレーリングストップやチャネルブレークアウトもあります。
ショッピングして、インポートするだけ。

それではひとつ、トレーリングストップを購入してみましょう。

まずはじめに会員登録をしましょう。
これはトレードサイトとは別のものになりますので、ご注意ください。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%970
規約に同意して、登録画面に進んでください。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%974
おっと。入力事項が結構ありますが頑張って入力しましょう。
さて、無事に登録が済んだらいよいよお買い物です。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%971
戦略を選択して、カゴにいれます。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%972
それでは購入手続きに進みます。

%e6%88%a6%e7%95%a55
支払いはないので次へ。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%976
以上で「ご注文完了ページへ」をクリックいたしましょう。
登録メールアドレス宛に注文確定メールは届きましたか?これで購入完了です。
次にこちらを使えるように、インポートしていきましょう。

ダウンロードはマイページから行えます。
マイページに入るとすぐに、購入履歴が見られます。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%977
詳細をクリックし、中を開くとダウンロードできます。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%978
クリックするとファイルが開きますので、解凍してフォルダに保存しておいてください。
そこからは、以前にやったインポートの復習です。
オートレのトレードサイトから、

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%979
ここを選択して、インポートしましょう。
インポート、エクスポート機能の詳細は、注文予約の一括変更・修正方法にて具体的に説明をしております。
インポート機能は後半部分にあります。よければ確認してみてくださいね。
%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9710
保存したフォルダからトレーリングストップを選び、「注文予約ファイルを確認」ボタンを押すと

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9711
きちんと入ってました。これをインポートすれば設定は完了です。

%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9712 トレーリングストップの戦略が追加されました。
登録された時点では無効になっているので、実際使われるときには設定を有効に切り替えてくださいね。
%e6%88%a6%e7%95%a5%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%9713 中身もばっちり入力されています。

オートレくんの設定で多かれ少なかれ四苦八苦した経験のある方は、このお手軽さに衝撃を受けるはずです。オートレくんの基本さえ理解できていれば、使えることでしょう。
これでいっそう自動売買が身近になると思います。

 

 

↓あなたもぜひこの衝撃を味わってみるべし
さっそくためしてみたい方はこちら☆
 

 

証券口座を登録しましょう。

オートマチックトレード株式会社・前野です。
有料登録してから約20日、ずいぶんなご無沙汰になってしまいました。

さて前回、晴れて有料会員になったわたくしですが、登録してすぐに実売買が開始できるわけではございません。
いや、うん、自分でも誤解していたのですが。

まずは前回のメールをご覧ください。

有料登録11
これの

有料登録11 ↑↑↑↑ここ!
これをしないと実売買は開始できないのでした。そらそうか。

というわけで、本日は実売買開始のために必要な2点を説明していきたいと思います。

 

まずは証券口座情報の登録ですね。
登録画面がどこにあるかと申しますと、口座情報画面を開いていただいた場所の

口座登録1
これを開いていただきますと

口座登録2
証券会社を登録できる画面になります。

GMOクリック証券と、カブドットコム証券の2社さまが利用可能です。
(2018年2月追記)岡三オンライン証券が追加されました。
(2018年5月追記)SBI証券が追加されました。
ちなみにカブドットコム証券、(追記)岡三オンライン証券、SBI証券がオートレの推奨となっておりますので、本日はこちらの登録方法をご説明していきますね

 

カブドットコム証券を選択するとこの画面になります。
口座登録4
口座番号は、お客様がカブドットコム証券でお使いのものを入力ください。

そしてもうひとつ、APIサービス用パスワードですが、APIサービスの契約が必要となります。
内心、APIとはなんぞやと思っておりますが、そこはさらりとスルーして契約してしまいましょう。

 

まずはカブドットコム証券にログインしていただいて
口座登録5
【画像をクリックするとログイン画面になります】

https://s20.si0.kabu.co.jp/ap/PC/Personal/KeiyakuAPI/KeiyakuAPIConfirm

このリンク先で、オートレのボックスにチェックマークをいれてください。
下のほうにスクロールしていただくと

口座登録6
パスワードの登録画面がありますので、お客様のお好きなパスワードを設定してください。
そしてAPIの契約を完了してください。

 

完了したら、再度オートレに戻ってパスワードを入力していただき、

口座登録7 登録すれば完成です!

 

ちなみに、GMOクリック証券の場合ですと、
口座登録3
ご利用のユーザID、パスワード、取引暗証番号で登録していただければOKです☆

 

 

そして2点目。
注文予約一覧から、実売買したい戦略を選択したら「修正」をクリックし、
口座登録8
 

口座登録9
実売買のボックスにチェックマークを入れて登録完了すれば、これでとうとう実売買が始まります。おめでとう!ありがとう!

 

 

 

というわけで本日は先週に引き続き、実売買会員への道をお送りしました。

ところで、オートレのHPに新たに戦略ショップがオープンしました!
次回はそちらについてご紹介していきますね。

それではまた☆

 

↓実売買への道も、一歩から↓
さっそくためしてみたい方はこちら☆