どの通貨をどの仕掛け幅で設定するといいのか。

 

引き続き登場、トレトレお客様応援チーム・前野です。
今さっきブログ書き終えて「また来週☆」とか言ってましたが、連投スミマセン。

ありがたいことに、トレトレくんの登録者数がうなぎのぼりらしいです!(松村談)

ところが、どの通貨をどの仕掛け幅で設定するのかがやはり皆様悩みどころのようで、
ここで有用な情報をいくつか提供できればと思い再登場した次第でございます。

しかし先に申し上げておきますが、断言はできません。
あくまでも半年間わたしが見てきたうえでの暫定的情報であります。
が、少しでも皆様の参考になればと思い、いくつか挙げさせていただきますね。

 

まず設定にオススメの通貨ですが。

<とりあえずポンドには手をだすな>

いきなりではありますが、初心者にポンドは危険です。
とにかく動き方が激しく、負け方が大きいです。
勝つときはどっかんと勝ちますが、わたしにとっては負ける印象が強いです。
参考情報ですが、ひそかに設定していた仕掛け幅100pips・利益幅100pipsでも
2ヶ月全敗しました。全敗て。

<ユーロドルはいいかも?>

流通量が多く、また対円ではないので大きく動くことが少ないようです。
ただし、もしも設定するのであればある程度の仕掛け幅をとったほうがいいようです。
大波乱だった4月の結果ですが、仕掛け幅70pips・利益幅50pipsの場合がマイナス941円
同じく仕掛け幅70pips・利益幅70pipsだった場合がマイナス4,620円。
ところが仕掛け幅40pips・利益幅40pipsだった場合、これが一気にマイナス106,808円でした。
たまたまかもしれませんが、他の通貨がここまで顕著な差がなかったため、特に記憶に残っています。

<ドル円、ユーロ円、豪ドル円も悪くないかも?>

曖昧な表現になりすみません。
今回は大きく動いて負けた豪ドル円ですが、積み重ねてきた利益を考えると
トレトレくん向きだと思っています。
他の通貨がマイナスになっても、豪ドルはプラスだったことも多いです。
また、ドルやユーロも流通量が多くよく揺れるため、約定する確率が高いです。

 

続きまして、オススメの仕掛け幅・利益幅です。

何度かブログにも書いていますが、わたしは仕掛け幅100pips・利益幅100pips
安定していると思っています。ただし、動かないときは本当に動きません。

ドル円よりはまだユーロ円のほうが動いている気がしますが。
わたしはドル円とユーロ円の2通貨で検証していますが、上記の結果から鑑みるに、
ユーロドルも
悪くないのかもしれませんね。


ただ「そんなに待てないよ早々にたくさん稼ぎたいよ!」て方には、やはり小さい仕掛け幅が
オススメです。
でも40pipsはあったほうがいいかな。
約定が並ぶと、正直めっちゃ気持ちいいです。

こんな感じ☆(仕掛け幅40pips・利益幅40pips  USD/JPY最新 一部抜粋)

USDJPY5月5

ただし、当たり前ではありますが一気に為替が動くと損切りの危険性大です。
あっという間にやられます。ご注意ください。

 

乱暴ではありますがざっくり申し上げると、こんな感じです。

仕掛け幅小・利益幅小  → 短期向け
仕掛け幅大・利益幅大  → 長期向け

 

以上、少しは参考になりましたでしょうか。

あくまでも断言はできません。
「わたしが半年見てきてなんとなく感じたこと」であることをご了承ください。

 

皆様がたくさん稼いで「トレトレ最高!」と言ってくださることが、わたしの切なる願いでございます。

 

いい感じです(ただし豪ドルのぞく)

 

こんにちは。トレトレお客様応援チーム・前野です。

週に1回更新しているこのブログですが、たった一週間でずいぶんと気候が変わりますね。
今日の大阪は曇り空(雨降りそう)ですが、梅雨入り間近な空気がぷんぷん漂っております。
洗濯物の乾かない季節がやってきますねー。

 

さてさて本題。

アベノミクスひと段落なのかなんなのか、日経平均はめまぐるしく変化していますね。
特に先週の激しさたるや。
ついていける自信がない・・・

為替のほうも大きく動いていると思いきや、トレトレくんは順調です。
表題にもしましたが、ただし豪ドルのぞく、ではありますが。
それにしても、あの豪ドル安っぷりたら何。

今更ではありますが、米ドルが豪ドルを追い抜く日が来るとは思わなかったですよ・・・

 

それではまず仕掛け幅40pips・利益幅40pipsから。

toretore5月13

うん、だいぶ赤いですね。
幅が狭い分よく動き、損切りになったものが3通貨。

ただし、いずれもプラスで終わっています。

先週の絶好調のまま推移できなかったのは残念ですが、どうやら一週間置きに波がきているようなので、今回はある程度予想の範囲内でした。
ていうか、だいたい「好調です!」とブログを書いた翌週は荒れてしょんぼりすることが多いんですよね・・・

 

続きまして、仕掛け幅70pips・利益幅50pips。

toretore5月14

特筆すべきは、先々週「ビッグ含み損」と書いていたポンド円。
先週盛り返し、今週も盛り返し。
たった2週間で、プラスになりました。すごい。

対するポンドドルは、どうしたんだって感じですけれどもね・・・

全体的に、かなりいい感じですねぇ(ただし豪ドル略)

 

次に、仕掛け幅70pips・利益幅70pipsです。

toretore5月15

 

いいですねえいいですねえ。

表を作成しながら思わず顔がにやついてしまいました。
かなり気持ち悪かったと思います。

プラスが並ぶととても気持ちがいいですね(ただし豪略)

 

 

最後に仕掛け幅100pips・利益幅100pipsです。

toretore5月16

はいどーん。

月曜日の段階でまったく利益のなかったこちら。
たいへんよく動きまして、わたしのニヤニヤもMAXです。

1円単位でエサを仕掛けますので、動かないときは本当に利益もなにもないのですが、
大きな波が来ると強いですね。
しかも、大きな変動にも比較的強い。

長期で持てるなら、わたしはこの設定にするかなぁ。
負けることももちろんあるのですが、勝率はおそらく一番高いと思います。

・・・うん勝率!
こちらも近いうちにぜひ一度出したいと思います。

 

それではまた来週☆

揺れてくれました!(追記しました)

こんにちは。トレトレお客様応援チーム・前野です。

前回のブログの願いどおり、揺れてくれましたよう☆
しかし揺れ幅、ちっちゃ!ちっちゃ!!

仕掛け幅40pipsに関してはかなりの期待がもてますが、仕掛け幅100pipsにいたっては
はたしてどうなるのか・・・

順を追って見て行きましょう。

 

まずは仕掛け幅40pips・利益幅40pipsから。

toretore5月9

前回全滅したので、すべて新たに登録していたのですが、全部プラスです。
集計とる指も軽やかでした。
一週間で5万円のプラスが出ると、爽快ですね。

しかしのきなみ大きくプラスになっている中、ユーロドルだけ「どうした!?」て感じの
地味っぷりですね。

すこし細かく見てみたら、他通貨に比べて約定した利益の数が少なく、
通貨の上下幅も少し大きかったようです。

上の図が約定利益の一覧。
下の図は、含み損の内訳です。

EURUSD5月2

EURUSD5月1

でも、大きく一方通行にさえならなければ確実に利益は積み重ねられるので、
ユーロドルにはぜひ地道に頑張ってもらいたいです。

 

 

続きましては、仕掛け幅70pips・利益幅50pipsです。

toretore5月10

先週「ビッグ含み損だ」と嘆いていたポンド円、盛り返してきてますよー!
むしろ、通貨一覧の中で一番先週比のプラス額が高かったという。
こういうことがままあるので、損切りの金額設定には悩むところですね。

そして気になるのが、対ドル通貨2件。
ともに大きくマイナスです。

まったく同じチャートであるはずなのに、5/13から開始した40pips/40pipsの結果が
悪くないので、始めるタイミングも大事なんだなぁと思います。

ただ、どのタイミングで始めたらいいのかが未だわからないです←

 

続きましては仕掛け幅70pips・利益幅70pips。

toretore5月11

突然ですが、ドル円なんですけどね。
今回たまたまながらほぼ同時刻に始めた条件違いの3件を検証してみて、
まったくラウンド結果が異なることがわかりました。

一番いい結果が40pips・40pipsで、これは揺れ幅が小さくたくさん利益を重ねたからだと
わかるのですが、次がなぜかこちらの70pips・70pips。

利益幅がたった20pips異なるだけで、2万円弱と850円という結果の差はあまりに解せません。
70pips・50pipsの組み合わせは、あまり望ましくないのでしょうか。
なにせ含み損が大きく異なりました。

USDJPY5月2

↑↑↑こちらが70pips・70pipsの含み損一覧↑↑↑

↓↓↓そしてこちらが、70pips・50pipsの含み損一覧↓↓↓

USDJPY5月1

一万円近くも違うのです!
ここに、約定利益の差額(8000円くらい)を加算すると、そりゃラウンド結果も変わりますよね。

しかし仕掛け幅が同じなのに、なぜこのように差が出てしまっているのか謎です。
あとで松村に聞いてみます。

 

さて最後に、仕掛け幅100pips・利益幅100pipsです。

ぎりぎり生き残っていたドル円はどうなったでしょうか!?

 

toretore5月12

 

ちーん。
撃沈でした・・・。
そしてある程度予想通りではありますが、こちらの売買結果は、なし。
まったく動きのない一週間でございました。

リスクが小さくなる分、やむをえないんですけども。
長期的に、長い目で見守ろうと思います。

 

それではまた来週~

 

—————————————————————–

こちらから追記です。

ブログ本編中に不思議がっていた利益幅70pipsと50pipsの差額なんですが、
さっそく聞いてきました!

謎の原因はこちらにありました。じゃじゃん!

USDJPY5月3

できることなら表を赤マルで囲みたいのですが、私にはその技術がなく、口頭ですみません。
結論から言いますと、スタート(買い)が2回あることが今回の差につながったそうです。

スタート(買い)が決済されるとレンジ幅が広がっていき、おのずと含み損も増えていって
しまうのです。

USDJPY5月4

こちらは利益幅70pipsの約定利益一覧なのですが、「ナンピン」と表現されているように、
レンジの範囲内での利益確定だったというわけです。

少しの利益幅の違いで、差がうまれるものなんですね。

 

て、とてもじゃないけどうまく説明できている自信がございません・・・
日本語を練って、また出直してきます!

 

 

楽あれば苦あり?

週明けですね。トレトレお客様応援チーム・前野です。
晴れ渡った青空とは裏腹に、わたしの心はもやもやです。

1ドル=100円目前か!?と言われていたのはいつのことなのか。
あっという間に101円後半って。
100円台はどこいった。

何度も書いておりますが、一方通行に弱いトレトレくん。
予想はしておりましたけれども、大部分が憤死です。
損切り設定金額を、底上げしてましたからね・・・
こちらの金額をマイナス10万円のままにしておけばおそらく憤死は免れたのでしょうが、しかし含み益から大幅マイナスの含み損をかかえることに、果たしてメンタル面で耐えうるのか。

損切り設定金額の底上げは、常々悩まされるところですね。
解決の糸口は見つかるのかしら。

というわけで、先週末までのトレトレくん結果です。

 

まずは仕掛け幅40pips・利益幅40pipsから。

toretore5月

こちらの被害が一番甚大でした。
むしろ、豪ドル円が何故生き残ってるの?と不思議に思ったくらい。
また何か間違えてしまったのかと、ドキドキしながら3回くらい見直しました。←合ってました
ユーロ円とポンド円の損切り金額を0万円に設定していたのですが、あまりに動きが早すぎたのか、ともにマイナス2万円を超えて決済されています。
どれだけ激しかったのですかね。5月10日02時56分め。

 

続きまして、仕掛け幅70pips・利益幅50pipsです。

toretore5月6

こちらはドル円とユーロ円が撃沈です。
ポンド円は損切り金額が上げられていなかったため生き残っておりますが、ビッグ含み損。
先週のウキウキはなんだったのでしょうか。
プラス4万円で喜んでいたのに、今回あっさりマイナス5万円。
損するときのほうが早いのは何故。

そして上記と異なっているのは、対ドルの2件も生き残っているところかな。

 

さてさて仕掛け幅70pips・利益幅70pipsです。

toretore5月7

こちらのポンド円は、損切り設定金額がマイナス8万円だったため、撃沈です。
というか、先週比がほぼマイナス7万円。
おそろしい・・・

利益幅50pipsと同様に、こちらも対ドルが生き残っております。

 

最後に、仕掛け幅100pips・利益幅100pipsです。
なんとなく平和に過ごしていたこちらもおそろしいことに。

toretore5月8

ドル円、先週比マイナス78,900円。
もはや生き残ったことが吉なのか凶なのかわかりません。
ここから挽回してくれれば素晴らしいですね。
ユーロ円は、今までの利益が吹っ飛んで終了。
大きく負けなかったとはいえ、せつないです。
新たに設定をしなおしたので、次また頑張ってもらいましょう。

対照的な結末を迎えているこの2通貨。
次回、少し注目して見ていきたいです。

というわけで、少し残念な週明けでした。
今週こそ揺れてくれることを願っております!

 

結果表に、先週比を追加しました。

こんにちは。トレトレお客様応援チーム・前野です。

ゴールデンウィークも終わりましたね。
寒暖差が激しく、着る物を悩むに終始した記憶ばかりです。

あ、一度プラネタリウムを見に行きました。
見るのは小学校以来でして、そのあまりの進化っぷりに度肝を抜かれました。
同じように感じた人も多かったようで、ファミリー向けのプログラムにも関わらず「おおお~」と大人たちの感嘆が響いておりました。

さて、ゴールデンウィーク中も頑張って働いてくれておりましたトレトレくん。
自分が遊んでいる間に稼いでくれる。なんて理想的な。

表題にもなっておりますが、先週までの結果表に先週比をプラスしました。

利益金額の設定額を20万や30万と大きくして損切り額を徐々にあげていくという方法をとっているため、含み益(もしくは含み損)は変化するものの長期にわたるラウンドが続くので、変化がわからないとつまらないなぁと思って。
最後尾に足してみました。
自画自賛ではありますが、先週からの動きがわかりやすくなったような気がします。

 

まずは仕掛け幅40pips・利益幅40pipsから。

toretore5月1

ラウンドが終了したのは、2件です。
ユーロ円は、先週から3万円金額を伸ばした上で、損切りになりました。

対してポンド円は、たった3日でマイナス8万円。
詳細を確認してみたところ、151.1円でスタートしたポンドが154.50円で決済されていました。
一方通行には弱いんです・・・

その他の通貨は引き続きラウンド中ですが、プラス移動しているものが多いです。

 

続いて仕掛け幅70pips・利益幅50pips。

toretore5月2

終了したものは、豪ドル円の1件のみ。
損切り金額の底上げを怠ったために、4万円近くも値を下げて決済しています。
ももももったいない・・・

その他ラウンド中のものに関しては、調子がよいと言ってよいと思います。
1週間足らずで3~4万円も利益が出るんですね。すごいな。

 

続いて仕掛け幅70pips・利益幅70pipsの結果はこちらです。

toretore5月3

ユーロ円、すごいですね。

利益幅40pipsよりも50pips、50pipsよりも70pipsと、比例して利益金額が大きくなっています。
となると、利益幅100pipsなら・・・・・・・ふふふふふ。

他の通貨も、のきなみ順調ですね。
ポンド円以外は。
ただ、仕掛け幅が大きい分、強制終了は免れています。
あとは頑張って、地道に利益を積み重ねてくれればなぁ。

 

さて最後に、仕掛け幅100pips・利益幅100pipsです。
ユーロ円はどうなっているのでしょうか。乞うご期待!!

toretore5月4

・・・・・・・・・・・・・・・て、あれ?

残念ながら、そんなに都合よくはいきませんでした。
やはり100pipsまではなかなか動かないものなんですね。

それでもプラス18,000円。
リスクの少なさを思えば、十分すぎる利益だと思います。

 

というわけで、ゴールデンウィークは絶好調と呼べるトレトレくんでありました。
今週もぜひ引き続き頑張っていただきたいです。