傾向と対策 2月28日版

トレトレ開発チームの松村です。

検証をはじめて2ヶ月。18通りの組み合わせを試しています。お客様応援チームの前野頑張れ~!

さて前回の傾向と対策で2日~4日の短期勝負をすることにこだわらないならば、仕掛け幅は70くらいで利益幅は50以上で待っていてはどうでしょうか?というまとめになりました。

そこでお客様応援チーム前野には仕掛け幅70利益幅50と仕掛け幅70利益幅70の設定を入れて検証を続けてもらいました。

それを含めた今まで私なりにわかったことを報告させていただきたいと思います。

まず最初に

初めはGBPとEUR絡みはやらないほうがいい

生き残るでも前野が書いていますが、GBPとEURは値動きが大きくレンジ幅がすぐに広がってしまいます。トレトレの性質上レンジ幅が広い≒含み損が多いということなのでトレトレを始めたてのときは急に含み損の大きくなるGBPやEUR絡みの通貨ペアは避ける方が無難だと思います。

またやる場合は最初に含み損が大きくなることを想定してラウンドの損切額は-10万円程度に設定するといいでしょう。ラウンドの損切額は預入証拠金額の10分の1程度を推奨しておりますので、口座には100万円ほど入金されるのがよろしいかと思います。

通常の損切りも活用する

トレトレには機能的に建玉一つ一つの損切り(通常の損切り)と全体の損切り(ラウンドの損切り)が設定できます。開発した当初はラウンドの損切りがあるんだから通常の損切りは必要ないのではと思っていました。ところが使ってみて気づいたのですが、通常の損切りを設定しておくことで建玉の数をコントロール出来ます。多すぎる建玉は価格の変動時に含み損益を急激に変化させます。この建玉の数を多すぎないようにコントローすると市場に生き残る、すなわち利確のチャンスを得続けられるということにつながります。

かと言って通常の損切りの幅を小さくしすぎてはいけません。なぜなら建っている玉は今は含み損でも将来利益になるかもしれない大切な餌なのですから。

ではどの程度がいいのか、トレトレFXを始めたての方を想定しますと、建玉数は売り買い片方につき4~5個とするのが精神的に負担のない数ではないかと思います。ここは個人差があります。

ということは、仕掛け幅70で考えた場合、4つで210pips、5つで280pipsにすればいいですが、この数値をそのまま使うと、4つめが建ったら即端の一つが損切りされることになります。

ですので4つめが建って半分くらい進んだところ、250くらいにするのがいいのではないでしょうか?口座残高に余裕があり建玉が増えても構わないという方は倍くらいでもいいかもしれません。この辺りはご自身でお試し願えればと思います。

仕掛け幅40で考えると140になるのですが、このくらいはUSDJPYでもAUDJPYでも簡単に動きますので小さすぎるということになるでしょう。やっぱり250程度にすることが値動きの点から見て現実的だと思います。実現益が溜まってきたら、この値は300~500にしてもいいと思います。

70-70より70-50の方が生き残りやすい

これは検証で得られた結果ですが、70-70より70-50の方が利確の数が多いんです。ちょっと考えればそのとおりなのですが。利確の数が多いことで含み損が増えても既に確定した利益でカバーできている場合が多かったです。

2月最終日の傾向と対策は以上の3点でまとめたいと思います。

またわかったことがありましたらご報告させて頂きます。

これからもトレトレをよろしくお願いいたします。

生き残る。

おはようございます。トレトレお客様応援チーム・前野です。

今朝いつもどおり出社して、明け方に為替がえらいことになっていたことをはじめて知りました。
イタリアといえば、ベルルスコーニ氏に半裸で抗議していた女の人の話しか知らなかったため「イタリアの総選挙でえらいことになっている」と聞いてもその映像しか出てこず・・・。
恥ずかしながら無知を披露しました。

しかしまさか、一晩で4円動くとは思ってもみませんでした。
前日まで順調に利益を産み出していたトレトレくんも、意気消沈です。

それでも全決済機能があるので設定した金額以上に負けることはなく(当然ですが)、ラウンド損切り設定の大切さを身を持って感じました。

そしてこの急落の中生き残った設定もあり、それらからなんとなく見えてきたものを今日のブログに記したいと思います。

 

まずはいつものように、結果報告から。
最初は仕掛け幅40pips・利益幅40pips です。



3勝5敗1ラウンド中です。
昨日の急な円高にやられたのは、意外にもドル円だけでした。
豪ドル円は、嵐に巻き込まれる直前に利益を確定し終了(まさに首の皮一枚!)
ポンドドルは通常損切りがうまく機能し、また順調に波揺れしていたためプラスでラウンド継続中です。すごい。



ちなみにそのほかの通貨は、先週にすでに終わっていました。ちーん。
でも昨日新たに玉を建てなくてよかったです。戦わずして倒れるところでした。

 

 

続いて仕掛け幅70pips・利益幅50pips。



こちらは1勝3敗3ラウンド中。
70pipsという仕掛け幅がいいのか、生き残った通貨が多いです。
嵐に巻き込まれて撃沈したのは、ユーロドルのみ。
しかもラウンド継続している3通貨は、いずれもプラスです。
上記設定のポンドドル同様急落のあとの波揺れでいい感じに約定し、巻き返した感じですね。
このまま利益設定額を達成してもらいたいものです。

 

 

さて最後に仕掛け幅70pips・利益幅70pips。



4勝3敗2ラウンド中。

一見「ふーん」と思われる結果なのですが、実は特筆すべきことが。
昨日の嵐に巻き込まれて終わったものは、ひとつもないのです。
(それまでに終了しているものはありますが・・・)

仕掛け幅が広い分建て玉の数が制限され、大波が来てしまったときも耐えられたのだと思います。

ただ、 上記2設定で生き残ったはずのポンドドルが、この設定だけ負けています。
利益幅も70pipsのためあまり約定せず、通常の損切り(260pipsで設定)に耐えるだけの実現益がなかったためだと思われます。



 

つまりトレトレで理想的な設定は、

・多すぎない建て玉
・適度に約定する利益幅
・急な価格変動にも対応できる、通常損切りを設定しておく

ということになるのでしょうか。
もちろんこの条件はもっと増やさないといけないでしょうけど。

また、ドルと比較してユーロやポンドは揺れ方が激しいので、ラウンド設定額をドルと一緒にしてはいけないということもわかりました。
マイナス5万円まで、想像以上にあっという間です。
なので、ユーロ・ポンドが絡む通貨は、ラウンド損切り設定額を10万円にしてみました。
そこにたどりつくまでに、利益を積み重ねてくれればいいのですが。

 

急な事故のような明け方の為替でしたが、そのおかげで少しだけ見えてきたものがあるような気がします。

引き続き、右往左往で検証を頑張っていきたいと思います。

思っていたより・・・

こんにちは。トレトレお客様応援チーム・前野です。

前回のブログで「絶好のトレトレ市場」と書いてしまったばっかりに、うまく眠れませんでした。小心者です。

さて、ドキドキしながらトレトレの検証をはじめてみたところ、前回に比べダントツに負けていませんでした!
・・・が。たいして勝ってもいませんでした。

まだ1週間経過していないので当然といえば当然なんでしょうけど、ラウンド中のものもマイナスが多く、もうちょっと勝てていると思ったわたしはしょんぼりです。

ずいぶん落ち着いたと思ったものの、まだまだ円安傾向は続いているようですね。
G20合意もあったことだし、この先はむやみやたらと円安にならないと思ったんですけど。
先を見通す才能が欲しいです。

 

というわけで、2/13~2/18午前中までの結果一覧です。

まずは仕掛け幅40pips/利益幅40pipsから。


 勝てた!というにはいささか心もとない結果です。

2勝はできたものの、ラウンド中のものはマイナスが多いです。
あと、EUR/JPYに関してですが、2件目でバグが発生しました。
ラウンド終了当日に再執行した場合、早々にラウンド終了してしまうパターンがあるようです。
開発チームには伝えてありますので、解決してもらえると思います。

というわけで、2勝1敗5ラウンド1バグ。という結果でした。

 

続いて仕掛け幅70pips/利益幅50pips。


すべてがラウンド中という。
来週に期待することにします。なんとか巻き返しをはかってくれればいいのですが。

 

最後に仕掛け幅70pips/利益幅70pips。


こちらもオールラウンド中。
ただ、AUD/JPYに関しては、利益設定金額を7万円に延ばしています。
損切りも2万円にしたので、万一負けても実質利益はプラスで終われる算段です。
うまく勝てるといいなぁ。

以上、今週の検証結果でした!

絶好のトレトレ市場です!

こんにちは。トレトレお客様応援チーム・前野です。
ご無沙汰になってしまい、申し訳ありません。

なんとインフルエンザにかかっておりました。
大人になって初めてのインフルエンザ。
おそろしいですインフルエンザ。

当初、37度後半の熱が出たので念のため内科に行ったのですが、インフルエンザの反応はまったくなかったんです。
で、風邪薬を処方してもらって家で休んでいると、翌朝明け方あっさりと39.5分に到達。
当然薬も効かずふらふらと内科を再び訪れたところ、見事に美しい(先生談)香港A型の陽性反応。
インフルエンザって、潜伏期はまったく無反応なんですね。知りませんでした。
意識朦朧の中熱を測りながら、「うわぁ40度到達~」と訳のわからないテンションになっていたことだけは覚えております。
みなさまもどうか、お体ご自愛くださいませ。
病気をしてわかる、健康の大切さですね。

さて前置きが長くなってしまいましたが、ずいぶん長い間お休みをもらっていたため、検証結果が2月頭で滞っております。
本当にごめんなさい。
タイトルにもなっておりますが、今は円安もある程度落ち着いて程よく揺れているため、絶好のトレトレ市場なんです!
にもかかわらず、検証結果は2月頭。ずーん。
ことごとく損切りで終わってしまっております。
違うのに。今は絶対勝てるのに。

というわけで、今更感漂っておりますが結果の報告だけさせていただきます。

まずは仕掛け幅40pips/利益幅40pipsから。
直近のブログで松村も書いているように、40/40の設定は建て玉が多くなるためトレンドが少し発生するだけであっという間に負けてしまいます。

ただ今回、仕掛け幅70/利益幅50でも生き残りは厳しかったのです・・・
2月1日~2日にかけて、極端にトレンドが発生したようですね(すみません寝込んでて知りませんでした)
今は状況も変わって円安がひと段落していますから、先週あたりから始められた方は連勝中かもしれませんね。



残念ながら、0勝5敗、2ラウンド中です。
ただ、ラウンド中の2通貨に関しましてはプラスが出ておりますので、損切り金額をスライドさせました。



こちらも勝ちは1つのみ。5敗です。



こちらも真っ赤ですね。0勝5敗、2ラウンド中です。
これもラウンド中の2通貨がプラスですので、損切り価格をスライドさせました。

一通りご覧いただきましたが、2月頭の怒涛の上げをなんとか生き残ったものに関しては、プラスが出ております。
「5万円の利益設定は難しいかも?」と思っておりましたが、今ならいけそうな気がします。
ただ、いつ何時トレンドが発生するかわからないので、油断は禁物なのですが。

来週こそは、たくさんの勝利をご報告できればと思います。

40-40の設定はこのチャートの相場には耐えられない

トレトレ開発チームの松村です。

今日から2月、相場の揺れを期待しているのに雇用統計発表時間にむけてどんどん円安がすすんでいますね。トレトレにとっては辛い相場です。

もう一つトレンドがでたときに強い手法もためしているのでそちらには期待しています。

さて、最適値を求めるべく検証を重ねているわけですが昨夜から本日朝にかけて損切りでラウンド終了するアカウントが続出です。

そこで1月29日10:42スタート、2月1日6:53終了というあまりに短い期間で5万円を負けてしまったアカウントから、そのときその通貨ペアはどう動いていたのかを振り返ってみました。

GBPJPYチャート

見事に揺れずに登っています。その差3円50銭。 3円50銭をたった2日半で動いていました。

これ仕掛け40の設定なのですが、こういう相場では仕掛け40は耐えられませんね。

しばらくは「買いのみ」でトレトレするのが賢い選択かもしれません。