セーフティネット、ちゃんと機能してるぞ

トレトレ開発チームの松村です。

先週金曜日から始めたセーフティネットの検証、バッチリ機能しています。

利確2万円、損切り-2万円で始めた設定が、現在実質利益8000円まできましたので、損切りの方だけ価格を変えて0にしました。これで今回は損することはなくなるはずです。

そうです。トレイリングストップができるんです。

トレイリングストップとは利益がでてきたら損切りの値を切り上げていく方法です。
例えば最初の設定を利益10万円損切り5万円とかにしておくとしますよね。スタート直後は仕掛けが多くなるので実質利益はマイナスですが価格が思惑通りレンジで動いてくれたら程なく実質利益がプラスになってきます。そのときに損切り5万円の値を-2とかに切り上げたり、もっと利益が出て3万円になっていたら、損きり0にしたり、さらにもっと利益が出て8万円になっていたら損切り5万円(すでに損ではないけど)、利益を13万円とかに伸ばすこともできるんです。

すなわち、レンジ相場が続きそうなら全ポジ決済機能の設定値を有利な方に動かしてどんどん利益を積み上げていく。こんなことができるんです。

もちろん相場を予想するのは難しいのでレンジが続くかどうかわからないという人は最初にご自身で設定したままでも構いません。

この機能がご利用者の方々に便利に働いてくれることを期待しています。

さて検証始めが金曜日だったので月曜日が待ち遠しくてたまりませんでした。しか~し、動かしてみたら価格が上下しない。お~~クリスマスかぁなんてこった。翌25日も価格が動かない。
これでは検証にならないではないか。もっとも仕掛け幅を小さくして待つしかないか。

って待っていたら26日夕方から動いてくれました。ははは、でも一方通行で上がりっぱなし。だめだよトレトレFXはそんな相場に弱いんだから。きっちり-2万円で全ポジ決済機能が働いてしまいました。

オッケー。ちゃんと機能してるぞ。悲しいけどそのことは確認できました。再度検証チャレンジ。12時間後にまたもや-2万円で全ポジ決済。くっそー。オッケー。って脳天気なこと言ってられなくなってきた。

ちょっと設定を変えてやり直し。ようやく実質損益がプラスになってくれました。設定を変えたこともだけど28日は価格が上下してますもんね。

短期で利益を狙うとこんな目に会うこともあります。たぶん検証チーム前野が1月から全ポジ決済機能付きの検証結果を報告してくれると思いますが、仕掛け幅は狭くても30から40は有ったほうがいいのかなぁって思っています。

では、今年はこれまで。来年もよろしくお願い致します。

これは行けるかも。全ポジ決済機能の検証初日

トレトレ開発チームの松村です。

トレトレのセーフティネット機能第一弾、全ポジ決済機能ができたので、リアルタイムで検証を始めました。

この機能はトレトレをスタートしてからの実現益と含み損をすべて計算してお客様の決めた数字になったら、全てのポジションを返済して一度取引の結果をを確定してしまうという機能です。

例えば利益が5万円になったら実行すると指定しておくと、5万円で利益が確定できるわけです。逆に-3万円になったら実行すると指定しておくと、損も3万円に限定できるわけです。
今回の機能はその両方を設定できるようにしておきました。

これの検証を始めたところ初日はすごくいい結果がでました。

早く結果を見たいので益が1万円、損が1万円になったら実行するような設定で検証しました。
そして仕掛けの値幅ももっとも小さくして利確も小さくしました。

その結果、なんと6時間半後に1万円の益を確定したのです。

検証を始めたのが金曜日ということが恨めしかったです。もっともっと検証したいのに。

単純に6時間半で1万円がどんどん確定するとしたら、すごいことですよ。そうなるんでしょうか?もっともっと検証を重ねて報告したいと思います。

さて、この機能をシステムに加えた経緯ですが、このブログで報告していますとおり、初代トレトレには大きな弱点がありました。
それは想定しているレンジ相場ではめっぽう強く、自動的にチャリンチャリンしてくれるシステムも、想定を外れていくようなトレンドが発生するととたんに弱くなります。せっかく稼いでいた実現益を上回るような含み損が増えていくのです。

しかしながら、証拠金が持つのならば放おっておけば、またチャリンチャリンしてくれるのでその含み損も解消されていくのですが、利用者全員が十分すぎる証拠金を持っているわけではありません。

トレトレ提供会社としては、リーマンショック級の値動きが来る前になんとかセーフティネットを架けなければならないと思い、いろいろな方法をアイデア出ししては検証しておりました。しかし決め手となる方法が見つからず11月を迎えていました。

結果11月の値動きでせっかく稼いだものをどんどん吐き出していく現象がみられました。
これはマズイ。自動売買初心者にも自動売買に親しんでいただくための簡単システムとはいえ、お客様の資産に含み損が増えていくのはマズイ。証拠金が不足したらそのままロスカットされてしまう。本当にマズイ。

ということで今まで以上にたくさんのアイデアを出し、バックテストで優位性の認められたこの方法を実装いたしました。

今は皆様に操作していただく設定画面を急ぎ整えているところです。

期待していただいていいと思います。

 

再び真っ赤です。

こんにちは。トレトレお客様応援チーム前野です。

昨日の選挙結果を受けて円安がすすみ、日経平均株価も大幅反発。1万円目前ですね。

日本の景気にはこちらの方がよいと頭ではわかっているものの、トレトレシステム検証係としては、「そろそろ円高戻ってくれないかなぁ」と不謹慎なことを考えちゃいます。

だって含み損と損切りで、えらいことになってるんです。

そのうえ自民の圧勝で、今週も引き続きえらいことになりそうなんです。

ただ日本人としては、これからの安部さんの手腕に期待したいです。

どうか景気がよくなりますように。

 

さて、先週分のデフォルト設定の結果報告です。

自分で作成しておきながら、悲しくなっちゃいました。今回どれもこれも真っ赤です。

何週間か前にもこんな光景を見たことある気がしますが、こんなに早く再びお目にかかるとは思ってもみませんでした。

トレトレは両建て設定ゆえ、もともとトレンドには弱いシステムなのですが、それにしたってあまりにも真っ赤ですね・・・。



純増と表記されてはおりますが、正確には純減ですね。

今回は、損切りが特に大きなダメージになっております。

特にチョコチョコプランに関しては、利益が1万ちょいで損切りが15万というヘビーダメージぷり。

コツコツ地道に貯めていくプランゆえ、この損切り設定額は考えなければなりません。

 

今回これほど真っ赤になったのは、上昇トレンド連続する損切りが原因です。

(確定する利益額は、そこまで減ってはいないので・・・)

そこで、ただいま開発チームが鋭意開発中のセーフティネットですよ。

これがうまく機能すれば、この2つから逃れることができそうです。

開発チームに聞いてみたところ、ある程度はすでに形になっており、ちゃんと機能するかどうかを検証中であるとのことです。

現在は来年1月中旬~下旬のリリースを目標に頑張っているそうです。

みなさまにご紹介できる日も近そうです!!

 

せっかく利益確定しても。

こんにちは。トレトレお客様応援チーム前野です。

寒いですね。

毎朝震えていた先週のわたし自身に言いたいです。まだまだ甘いぞと。本当の寒さは来週やってくるのだと。

しかし昨日今日の寒さは半端ないですね。動きだすのに気合いがいります。

まだまだ週前半ですが、頑張っていきたいと思います。

 

さて今から先週の結果一覧をご覧いただくのですが、2つほど表記を変えたところがあります。

まずは含み損の表現に「先週比」と足しました。先週に比べて、含み損がどれだけ増減したのかを表現しているのですが、今までの表記ではわかりにくかったようなので・・・

それともうひとつ。今まで「実質損益」と表現していたところを、「純増/週」に変更しました。

1週間に各通貨の実質利益がどれだけ増えたか(もしくは減ったか)ということを示している表なので、こちらのほうがわかりやすいかなと。

そちらを踏まえたうえで、先週の結果をごらんください。



黒い文字が利益分、赤い文字が損失分です。

今週は、またレンジが開いたことによりAUD/JPYの含み損がかなり増えています。よって、純増どころかマイナス。

対して、ユーロは先週に引き続き値幅が落ち着いているので、少し持ち直しています。

しかしそれにしても、どの通貨もそれぞれ毎週コンスタントに利益を確定しているにも関わらず、少しレンジ幅が開いただけでそれが一気におしゃかになってしまう悲しさ。

ましてやレンジ幅が大きくズレたところで波揺れしていても、大きな含み損を抱える限り気持ちは晴れないままでしょう。

そこで!!

現在進行形で、開発チームが頭脳と知識と技術を結して「レンジを大きくはずさないセーフティ」を鋭意開発中です。

このシステムがうまく機能すれば、この秋のような急な円安はもちろん、ひいてはリーマンショックのような急激な値動きにも対応できるのでは、と大きな期待をもっています。

わたしには頭脳も知識も技能もないので、ただ見守ることしかできないのがせつない。

お客様応援チームを代表いたしまして、精一杯応援いたします。フレー!

 

少し落ち着きました。

こんにちは。トレトレお客様応援チームの前野です。

12月ですね。師走ですね。

今回は週ごとの検証結果とともに、11月度の結果報告も合わせて発表したいと思います。

 

今週ですが、先週の大惨事を経験したからか円安が少し落ち着いたからか、冷静に見られる結果になっております。

相変わらず円安は続いておりますが、上昇トレンドは少しなりをひそめたのか含み損が減った通貨も多く、全体的にプラスになっています。

レンジが大きく広がったためトータルではまだマイナスですが、この範囲内でうまく波揺れしてくれれば、トレトレFXの真骨頂をご覧いただくことができると思います。

まずは今週の結果から。



先週の悪夢が嘘のようです。

真っ赤から一転、地に足のついた黒です。

確定損益(約定された建て玉)に加えて、含み損がのきなみ減っているため、実質損益はプラスになっている通貨が多いです。

ユーロとポンドは相変わらずで、損切りもそのまま500pipsで行われていますが、トータルではなんとかプラスです。

わたし個人としては、やっぱり損切りのラインを1000pipsに変更したいなぁと思いますが・・・

開発チームがデフォルト設定を変更するに合わせて、わたしも変更しようと思います。

(↑あくまでも「デフォルトの検証」なので)

 

さて続きまして、11月度実績。こちらになっております。じゃじゃん。



見られますでしょうか。

各週ごとの確定損益を計上し、そこから損切り額と現在の含み損を差し引いております。

大幅な円安だったため赤の数値こそ大きいですが、毎週コンスタントに利益を確定していることをご覧いただけるかと思います。

前述しましたが、このレンジ内でどれだけうまく波揺れしてくれるか、ですね。

たとえ含み損が大きくても、その間に確定する利益も多ければノープロブレムです。

待っていれば、実質利益もプラスになってくれると思います。

12月の動きに期待したいです。