重要人物の発言、恐るべし。

トレトレ開発チームの松村です。

昨日の日経平均の瀑上げ、ただただ戻ることを祈るしかありませんでした。前日の終値から400円一気に上げるんだものなぁ。どうしようもない。トレトレFXにつづきトレトレ225も検証していて好調な推移だっただけに、この急激な変化は残念だった。原因はこれらしい。

米議会上院の銀行委員会は14日朝(日本時間15日未明)、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に指名されたイエレン副議長の指名承認のための公聴会を始めた。イエレン氏はFRBが進める量的金融緩和について、雇用情勢が十分改善するまでは継続する考えを示した。(朝日新聞デジタル 2013年11月15日01時58分 より引用)

この声明のあと、ドルはまだ大丈夫との観測からお金が一気に株に流れた。そして円という堅牢な通貨でなくても大丈夫とのことからドル高に。円はユーロにもポンドにも安くなる方向に流れた。

流れるのはいいのだが、急すぎる変化にトレトレ手法は含み損が急激に増えた。

今後も重要人物の発言には要注意です。 その発言でどうなるかを読み解きトレトレのラウンド終了も判断したほうがいいようです。