絶賛悩み中です。

こんにちは。トレトレお客様応援チーム・前野です。

またトレンド出ちゃいましたね。

日本の貿易赤字が過去最大という記事を受けて、円安が一気にすすみました。
従来のトレトレならばここで一気に含み損を抱えるところでしたが、全ポジ決済機能がうまく働いて最小限の損失でおさまっています。

この「損失を自分でコントロールできる」という機能は、資金面でも精神面でも、とても安心できるものだと思います。
この損失はいったいどこまでいくんだろうと気を揉む必要がないのですから。

なにせ去年から続く上昇トレンドといったら半端なくて、 あっという間にマイナス50万、翌日にはマイナス60万、気付けばマイナス100万越え、なんていうことも普通にありえたわけです。
少なくとも、私がデモをしていたときには見慣れた光景でした。
デモですから、真っ赤に染まった画面も「うわぁえらいことに」と客観的に見ていられますが、もしも実売買であれば毎日気が気じゃありません。
含み損の多さに損切りするにもできず、できることといえば「明日には少し戻りますように」と祈ることくらいでしょう。
そのような思いをしないためにも、ぜひこの機能を存分に利用していただきたいです。

ただこの機能をみなさまに提供するにあたって、わたしは「利益設定額・損切り額をいくらにすれば一番合理的なのか」と頭を抱えております。

現在の検証は利益設定額2万円・損切り額マイナス5万円で行っており、確かに早々に決着がつき勝率も高い気がするのですが、一度損切りされるだけで2勝分の利益が吹っ飛びます。
いわゆるひとつのコツコツドカンです。

となると、できるだけ利益と損切り額の数値を近づけておきたい。
しかしあまり損切り額を小さく設定し、早々に終了されてしまっても困る。

ベストバランスはいったいどこにあるのか、まだまだ頭を悩ませる日々は続きそうです。

とりあえず、今日から開始する分にあたっては利益額を再度5万円にあげてみました。
前回はあえなく損切られてしまいましたが、 大きなトレンドを形成せずうまく揺れれば、けして難しい数値ではないと思うので・・・

 

というわけで前置きが長くなりましたが、先週からの結果一覧がこちらです。

まずは仕掛け幅40pips・利益幅40pipsの場合から。



2勝5敗2ラウンド中。

トレンドが発生したため負けが多くなってしまいましたが、負けた中でも特筆すべきはやはりUSD/JPYでしょう。
ラウンド途中で損切り額をプラス2万円にスライドさせたため、結果は負けでありながら利益が出ている状態です。
素晴らしい☆(自画自賛)

 

続いて仕掛け幅70pips・利益幅50pips。先週から始めたものです。



2勝3敗4ラウンド中。

こちらもラウンド中にいくつか金額をスライドさせたため、利益が大きくなったり損失が小さくなったりしています。
さりげなく書いていますが、やはり素晴らしい☆

 

最後に仕掛け幅70pips・利益幅70pipsの場合。



2勝3敗3ラウンド中。

AUD/JPYは、1月9日に開始してまだ決着がついていませんね。
仕掛け幅と利益幅が大きいと、なかなか動きにくいようです。
ただ負けにくい感じはします。 なんとなく。

 

5万円に変更した利益設定額がどう出るのか。
来週またご報告したいと思います。