突然ではありますが。

トレトレお客様応援チーム・前野です。

突然ではありますが、本日をもちましてこのトレトレブログを一旦休止することとあいなりました。
休止といいましてもトレトレ設定は引き続き生きておりますので、いずれまたご報告する日もまいりましょう。その際はどうぞまたよろしくお願いします。

トレトレが稼動し、検証をはじめて早や三年。
あらたなステージに旅立つこととなりました。
わたし自身は来週以降もお世話になりますので、今まで以上にがんばって検証していきたいと思います。
というわけで、トレトレ最後の報告でございます。
ここでドカンと大きな花火を打ち上げたいところだったのですが、いかんせんまったくパッといたしません。
残念すぎる。

それでは順を追ってご報告してまいります。


 

①仕掛幅40pips・利益幅40pipsです。
2016.4月16
ユーロドル以外は惨憺たる結果です。
赤いな~。
ポンド円はなんと10日間でラウンド終了です。
一週間でマイナス40万円というのは、この三年間で見たことのない数値だと思います。

 

 

②仕掛幅70pips・利益幅50pipsです。
2016.4月17
こちらもなかなかぱっといたしません。
ただ、ユーロドルがじわりとプラスを重ねましたので、下限の設定金額をあげておきました。


 

 

③仕掛幅50pips・利益幅70pipsです。
2016.4月18
こちらもポンド円がラウンド終了ですね。
こちらは17日間。約三週間です。
ポンド円は、ほんとトレトレくんと相性悪かったなぁ・・・
稼ぐときにがつっと大きく稼ぐので、ついついいけるかも?と継続してきましたが、やはり難しかったです。
ただ、これだけ大きく動く為替ですから、レンジで稼ぐトレトレくんとは間逆の、トレンドが発生すると儲かるシステムを発明すれば勝てるのではないかと。
発明、誰かしてください。

 

 

④仕掛幅70pips・利益幅70pipsです。
2016.4月19
こちらもポンド円がラウンド終了・・・
70pipsあけても追っ付かない勢いがありましたね。
ユーロが地味に頑張ってくれています。

 

 

⑤仕掛幅100pips・利益幅100pipsです。
2016.4月20
わたしが一番好きだった、100pipsです。
健闘してくれていますね。

 

⑥仕掛幅150pips・利益幅150pips
⑦仕掛幅200pips・利益幅200pipsです。
2016.4月150pips42016.4月200pips4
ここまで仕掛ける幅を広げても、マイナスからは逃れられませんでした。

 

 

というわけでひととおり見てまいりましたが、いかがでしたでしょうか。
ポンド円、ほんとひどかったですね。


レンジで稼ぐトレトレくんにはドルと豪ドルが比較的相性がよかったです。
また、ユーロ円は大きく揺れることが多いため、ある程度の仕掛幅があったうえで、こまめに下限設定額をあげられるならばかなりおいしい通貨だと思います。

とにかくいえることは、自動売買システムに完全に乗っかることはせず、こまめとまではいかずともきちんと自分の目で確認すること。
わたしはこれを怠っていたので、いいシステムだったにも関わらず、初期にずっとトレトレくんに大きなマイナスを背負わせていました。
今週のポンド円のように、自分ではどうすることもできないままにラウンド終了することもままありますが、そうでなくじわじわマイナスを重ねていくものに関しては、すくなくとも下限設定に達するまで指をくわえて見つめている必要はなくなるわけです。

わたしのような完全な素人でも、いくつも勝利ができたトレトレくん。
充電期間が終わったらまたぜひ検証したいです。

 

それではまた。