ラウンド設定金額の重要性。

こんにちは。お客様応援チーム・前野です。

またしても円安が一方通行に伸びていますね。
1ドル96円とか。久しぶりに見ました。
G20は一体なんだったのでしょうか・・・。

そして例によって、一方通行に弱いトレトレくんです。しょんぼり。
それでは順を追って結果を報告していきます。

まずは仕掛け幅40pips・利益幅40pipsから。

toretore3月5
青色塗りつぶし、すなわち負けが目立ちます。
3勝5敗6ラウンド中。

ですが、純粋に損切り設定金額まるまる負けたのはドル円だけで、あとは設定額を上げていたためなんとか大きな傷にはならずにすみました。
ただ、現在ラウンド中で動いているものは、マイナスが多いです。
この先なんとか揺れて、持ち直してほしいです。

 

続きましては、仕掛け幅70pips・利益幅50pips。

toretore3月6

4勝2敗6ラウンド中。

こちらも純粋な負けは1件で、もうひとつは損切りの底上げによってプラスに終わっています。
しかしユーロ円とポンド円は大きく負け越し中。
損切り金額が10万円なのでまだもう少し余裕があるとはいえ、やはり不安です。
なんとか持ち直しておくれ~

 

引き続きまして、仕掛け幅70pips・利益幅70pips。

toretore3月7
やばいです。真っ赤です。
0勝5敗6ラウンド中。

損切り値を上げていたためにプラスで終われた通貨もあるものの、ユーロ円の損切り額をマイナス10万円に設定してから、初めて本気で負けました。
マイナス10万円の破壊力たるや、今までの利益を吹っ飛ばす勢いです。
いいたくないけど、コツコツドカンってやつです。
ただ後ほど記載しますが、やはり損切り額は10万円くらいに設定したほうがいいのかもしれません・・

 

そして最後に、仕掛け幅100pips・利益幅100pips。
設定してから何日かは平和に過ごしていたこちらの設定に、大きな異変が。

toretore3月8

はい真っ赤です。
仕掛け幅が1円幅なのにも関わらず、損切り。

どれだけ動いたんだって話ですよね。

そこまで大きく変動しないだろうと踏んで設定した、ドル円のマイナス5万円がせつないです。
あっという間に損切りに遭いました。

ただしドル同様に大きく動いていたユーロは、なんとか生き残っています。
これは、ラウンドの損切り設定額がマイナス10万円だったからではなかろうかと。
5万円だと、価格が大きく動いたあと戻す間もなく損切りに遭うような気がします。

とはいえ、10万円をまるっと負けるとかなり精神的にダメージをくらうため、バランスが難しいところなんですけども。

終わりの見えない旅に、また出かける必要がありそうです・・・。