スライド戦法

トレトレ開発チームの松村です。

全ポジ決済付きトレトレFXを検証中なわけですが、手前味噌ながらなかなかいいのではないかと思います。

一例ですが、USDJPY 仕掛け40pips利確40pips 1月9日11:30スタートのラウンドが24日16:00時点で実質利益57,250円 になってるんですね。

現時点の建玉数60000通貨ですから証拠金はギリギリで210,000円必要でそれだけだと、すぐロスカットにかかってしまうので、やっぱり倍より多めの最低50万円程度は必要ということになります。

資金効率の問題は各自で計算していただくとしましょう。

最初の設定はもしも相場が一方方向に動いたときのために損切り値を-5万としておいたので、もしものことがあっても-5万で全部のポジションを決済して終了し、様子見になります。安心です。

でも想定どおりに動き出して、実質益(実現益と含み損の合計)が+3万円とかになってきたので損切り値(既に損では無いけど)を1万円に変更しました。これで悪くて1万円確定です。(くりっく365の場合、外付け手数料がありますのでもっと減ります)

で今は実質益が57,000になってきましたので損切り値(何度もいいますが既に損ではない。設定画面に損切り値と書いてあるのでこう表現しています)を3万円まで上げましたので、悪くて3万円は確定です。

このように状況に応じて「全ポジ決済」機能の価格をスライドさせることで、レンジ幅で動き続ける時の利益を確定しながらさらに伸ばしていくことができます。

自動売買と裁量売買の融合が見事にできる一例だと思います。

たくさんの方に試して欲しいですねぇ。

くしくも先ほど、FXの有名ブロガーのはんぞさんのブログで「トラリピで勝てるなんて都市伝説か?!」なんてエントリーを拝見したばかりでした。拝読すると我々が昨年末に経験したことと全く同じ。想定外の幅に広がったときにこの方法は機能しなくなるということなんですね。我らがトレトレFXの「全ポジ決済機能」は想定外の幅に広がったときのことをコントロールできるという意味で画期的だと思います。