ストキャスティクスを設定してみましょう。

オートマチックトレード株式会社・前野です。
本日はストキャスティクスを設定してみましょう。
未だに打つのに噛みます。ストキャスティクス。

ストキャスティクスとは、過去の一定期間における最高値と最安値のレンジの中で、現在の株価がどのあたりの位置にあるかを示すものです。
これにより、株式の「買われすぎ」「売られすぎ」が判断できるようです。

それでは早速設定していきましょう。
こちらで使うのは、「%D」と「Slow%D」の2本です。今までのように、ゴールデンクロスとデッドクロスで売り買いを行います。

 

<ストキャスティクスのゴールデンクロスでの、新規買いと返済売り>

STC新規買い
①注文予約名をつけましょう
②「詳細な設定を見る」にチェック
③朝一番の時間帯に設定しましょう
④「新規買い」です
⑤%DとSlow%Dのゴールデンクロスを設定しましょう
Slow%Dの波を%Dが下から上に突き抜けたら買いのシグナルです。
くれぐれも、以上と以下に気をつけてください

ずいぶん簡易的な説明ですが、ここまできたらきっともはや皆様も余裕でしょう。
とはいえ、今回わたくし見事に「ん?」となりましたが。
%DとSlow%Dがごっちゃになってました。過信は禁物ですね。

 

続いて返済売りの設定を行います。
STC返済売り
①注文予約名をつけましょう
②「詳細な設定を見る」にチェック
③朝一番の時間帯に設定しましょう
④「新規買い」です
⑤%DとSlow%Dのデッドクロスを設定しましょう
Slow%Dの波を%Dが上から下に突き抜けたら売りのシグナルです。
ほんと自分でもしつこくて嫌になりますが、くれぐれも、以上と以下が!ひっくり返らないようにご注意ください。

 

 

 

<ストキャスティクスのデッドクロスでの新規売りと返済買い>

はい、こちらもささっと複製してまいります。
注文予約一覧から、さきほど作成した「STC返済売り」を複製いたします。

STC複製 そして、注文予約名と取引種類を変更すればオールオッケー☆

STC新規売り
最後に登録するのをお忘れなく!

 

同様に新規買いの設定も複製して、返済買いに修正しましょう。
STC返済買い
一番の得意技になりました。複製。
ありがたいですねえ。

 

ところでオートレくん、ストキャスの醍醐味といえる「売られすぎ」「買われすぎ」ゾーンの設定が、どうやらできないんですね。
これ、新しく機能を追加してもらえないかな。
ちょっと聞いてみます~
わかりしだい、またご報告させていただきますね。

 

 

 

 

・・・わかりました。
できるらしいです。

ただ設定を日足にしているので、ゾーンまで設定にいれちゃうとほぼ動かなくなってしまうそうです。
そして、ゾーンなしのシンプルな設定が、意外と成績悪くないそうで。あら。
そしたらわざわざ付け加えることもないのかなぁ。

どうしても「売られすぎゾーン設定したい!」と強く思われる方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。設定の仕方を載せますね。

それではまた来週☆

オススメメニューはストキャス?↓
さっそくためしてみたい方はこちら☆

“ストキャスティクスを設定してみましょう。” への2件の返信

  1. 取引時間が変更になっていますので、設定も変更して案内された方が良いと思います。

    1. みっちゃんさま

      コメントありがとうございます☆
      早速、本日のブログにて時間の変更と方法の説明をさせていただきますね。
      ご指摘に感謝です。

コメントは受け付けていません。