ストキャスティクスを設定してみましょう。

今回はストキャスティクスを設定してみましょう。

ストキャスティクスとは、過去の一定期間における最高値と最安値のレンジの中で、現在の株価がどのあたりの位置にあるかを示すものです。
これにより、株式の「買われすぎ」「売られすぎ」が判断できます。

それでは早速設定していきましょう。
こちらで使うのは、「%D」と「Slow%D」の2本です。今までのように、ゴールデンクロスとデッドクロスで売り買いを行います。

 

ストキャスティクスのゴールデンクロスでの、新規買いと返済売り

STC新規買い
  1. 注文予約名をつけましょう
  2. 「詳細な設定を見る」にチェック
  3. 朝一番の時間帯に設定しましょう
  4. 「新規買い」です
  5. %DとSlow%Dのゴールデンクロスを設定しましょう
Slow%Dの波を%Dが下から上に突き抜けたら買いのシグナルです。
くれぐれも、以上と以下に気をつけてください。

 

続いて返済売りの設定を行います。
STC返済売り
  1. 注文予約名をつけましょう
  2. 「詳細な設定を見る」にチェック
  3. 朝一番の時間帯に設定しましょう
  4. 「新規買い」です
  5. %DとSlow%Dのデッドクロスを設定しましょう
Slow%Dの波を%Dが上から下に突き抜けたら売りのシグナルです。
ほんと自分でもしつこくて嫌になりますが、くれぐれも、以上と以下が!ひっくり返らないようにご注意ください。

 

 

 

ストキャスティクスのデッドクロスでの新規売りと返済買い

こちらも複製します。
注文予約一覧から、さきほど作成した「STC返済売り」を複製いたします。

STC複製 そして、注文予約名と取引種類を変更すればOKです。

STC新規売り
最後に登録するのをお忘れなく!

 

同様に新規買いの設定も複製して、返済買いに修正しましょう。
STC返済買い
 
  1. MACDを設定してみましょう
  2.  
  3. DMIを設定してみましょう
  4.  
  5. ストキャスティクス
  6.  
  7. 戦略ショップを見てみよう
目的別のまとめはこちら
 
 
さっそくためしてみたい方はこちら☆

2 thoughts on “ストキャスティクスを設定してみましょう。”

  1. 取引時間が変更になっていますので、設定も変更して案内された方が良いと思います。

    1. みっちゃんさま

      コメントありがとうございます☆
      早速、本日のブログにて時間の変更と方法の説明をさせていただきますね。
      ご指摘に感謝です。

コメントは停止中です。