ゴールデンクロス・デッドクロスで売買してみましょう。

こんにちは。オートマチックトレード・前野です。

本日はだいぶ進歩しますよ~。
移動平均線でのゴールデンクロス・デッドクロスを使って、その発生のタイミングで売買します。
一気に現実みを帯びましたね。使える感もハンパないです。

ブログを読んでいる皆様は不要かと思いますが、念のため解説すると、

ゴールデンクロスは株価が下落した後に、短期の移動平均線が、長期の移動平均線下から上に突き抜ける現象のことをいいます。
逆にデッドクロスは株価が上昇した後に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に突き抜ける現象をいいます。

ゴールデンクロスは買いのシグナル。デッドクロスは売りのシグナルだそうです。
それでは順に設定していきましょう。

 

<ゴールデンクロスの新規買いと返済売り>
SMA新規買い
日足ですので、時刻の条件を朝一番に設定します。
「詳細な設定を見る」のボックスを開いて時刻を訂正しておいてくださいね。

さて、一番大切な条件の部分ですが、

条件1
「選択した銘柄」を選び、
(日足移動平均)をプルダウンして2日前の5日移動平均 
(日足移動平均)→2日前の25日移動平均 
+ 0円以下 
である

条件2
・条件の下にある追加ボタンを押すと、条件の追加ができます。
「選択した銘柄」を選び
(日足移動平均)→前日の5日移動平均 が
(日足移動平均)→前日の25日移動平均 の
+0円以上 である
を選択します。

あとは成行を選んで登録するのみです。

 

文章だと少しややこしい印象を受けますが、要は、2日前には長期線の下に位置していた短期線が、前日には長期線の上にいますよって話です。
わかりますかね?・・・ふむ、わからない。ですよね。
ではこの注文予約を、最初から最後までまるっとそのまま登録しちゃってください☆←

今回のメインは、なんといっても「オートレでゴールデンクロス・デッドクロスをどのように条件記載するのか」というものであります。
以上と以下の部分さえマスターすれば、あとはもう75日線でも200日線でも、お好きな平均線をお使いください。

 

 

それでは次に、ゴールデンクロスで買った玉の決済をします。
決済条件はデッドクロスが発生したとき。です。
SMA返済売り 日足ですので、時刻はまた朝一番です。
取引の種類は「返済売り」

条件設定は、ゴールデンクロスの逆になります。
2日前には短期線が長期線よりも上にあったのが、前日には下になっている。というものです。

以上以下にはくれぐれもご注意ください。

 

 

 

<デッドクロスでの新規売りと返済買い>
今度はデッドクロスです。
先ほどの返済売りと条件はまったく一緒です。だってデッドクロスだから。
違うのはこれが新規売りだってことだけです。
SMA新規売り
2日前には短期線が長期線よりも上にあり、前日には長期線よりも下にある。という条件です。
デッドクロス。

 

続いて、ゴールデンクロスが発生したときに返済買いをする設定をします。
一から入力しても全然かまわないのですが、まるっと複製することもできるので、今回はそちらに挑戦してみましょう。

注文一覧のページを開きます。
コピーしたい注文予約の、「複製」をクリックします。
注文予約複製
コレです。

すると新規で注文予約の画面が開きますので、そこで必要な修正を加えます。
今回の変更点は、新規買い返済買いに修正するだけ。
終われば登録しましょう。

SMA
おわりっ☆
便利な機能ですね~。

あ、赤丸つけそこねてしまったですが、もちろんタイトルの変更もお忘れなく!

というわけで、本日はゴールデンクロスとデッドクロスでした。
早く動かないかな。わくわくです。
それではまた来週!

 

さっそくためしてみたい方はこちら☆
オートレ無料登録画像